FC2ブログ

「平成」の終わりに

報道
04 /30 2019
平成31年4月カード20190430aa

4月30日で平成も終わる。
30年続いてきたけれども、昭和と比べると印象が薄すぎる。
バブル経済崩壊し、忌々しい乱痴気騒ぎの中、昭和天皇が崩御で始まった平成。
この30年では東日本大震災という未曾有の天災があったにも拘らず、昭和にあった数々の出来事のほうが記憶に鮮烈に残されている。
実年齢では30歳を過ぎてから平成に入った訳で、如何に人生において若い頃の体験のほうが身に染み付いているか窺い知れる。
昭和40~50年頃に起きた事柄が己の記憶の基盤になっているから、平成からの出来事など、どんな大きな事件だったとしても取るに足らない。
自分個人の創作活動の基準で見るとモーニングで連載していた『快晴旅団』が単行本となり、『ジェットストリームミッション』が連載開始になったのが平成元年。結局「影男煉獄シリーズ」が平成の代表作になるのかもしれない。
しかし、昭和時代に描いていた学漫時代の創作物やプロデビュー時連載の『プチアップルパイ』のほうか印象深い。
やはり若かったせいか。
同世代だと、大抵は平成時代に結婚し、子供を設けている。
そしてそろそろ孫も生まれてもおかしくない。
そんな通過儀礼を経てきた人生であれば、平成もまた記憶に刻まれる「人生の章」であろう。
しかし遺伝子を残せない己のような人間にとってはもはや「平成」はなにもないに等しい。
だから、今でも己の中では「平成31年」ではなく、「昭和94年」のほうがしっくりいく。
だから「令和」の世になったとしても、自分にとっては死ぬまで「昭和」のままなのだ。
それでも強いて「平成」での記憶として挙げろというのなら、オウム真理教の存在と『新世紀エヴァンゲリオン』の衝撃であろう。
少なくともこの二つは己の人生に少なからず影響を与えた。
「平成」の世にバブル景気で日本を堕落させた者がのうのうと生き残り、世を変革しようとした若人を処刑した偽政者の「大罪」は記憶に留めて置く必要がある。
平成回顧に勤しむマスコミは敢えてこれを「なかったこと」にしているようだが、だからこそ意味がある。
「忘れてはならない」ことを押し隠そうとする欺瞞が蔓延した世紀が「平成」であったことも確かなのだ。

映画鑑賞、ギャラリー諸々

映像鑑賞
04 /06 2019
4月4日、東中野ポレポレにて上映中の『蹴る』を観る。
知り合いの中村和彦監督が撮った障がい者による電動車いすサッカーのドキュメント。
撮影期間6年にも渡って撮り続けた迫真の記録映像。
フライヤー解説によると、監督自身も介護の資格を取って撮影に挑み、選手との信頼関係を深めたとか。
過剰な演出もナレーションもなく、淡々と選手達の日常を描いているので直に訴えるものがある。
選手の殆どが男性の中で脊髄性筋萎縮症(SMA)の女子選手の活躍や日常の日々が印象に残った。
それにしてもハンディーやリスクを抱えて海外遠征するのは命懸けな部分もあり、サポートする人々含めての苦労が心に響く。
「蹴る」190404色aa

映画館を出てJR東中野駅周辺の桜を観る。
この日はやっと平年並みの暖かい晴天に。
今年は寒い日が多く、まだまだソメイヨシノは満開。
JR中央線沿いに咲いているので電車とのコラボショットポイントとしても有名。

IMG_20190404_151107aa.jpg
IMGP9199aa.jpg
IMG_20190404_153314aa.jpg
IMG_20190404_152833a.jpg
ここに来たのは久しぶり。
1990年、モーニングパーティー増刊に掲載された『風の中央鉄道』/第5話「満開、黒染桜」で此処を舞台としたのを思い出す。
SAKUR03aa.jpg
もう29年も昔の話だ。
走っている電車の種類も変わった。
30年も経てば変わるのも当たり前だが、自分の中では時間が止まっている。


夕方、劇画家バロン吉元先生の画暦60年記念個展「男爵芋煮会」の案内はがきを頂いたのでギャラリーにお邪魔する。
場所は阿佐ヶ谷VOID。
IMGP9206aa.jpg
家から自転車で数分だ。
先日阿佐ヶ谷某BARで初めてお会いした先生の娘さんが常駐されており、改めてご挨拶。
リスペクト出展アーティストは青木俊直、朝倉世界一、小田島等、すぎむらしんいち、寺田克也、永野のりこ、花くまゆうさく、松田洋子&清田聡、丸尾末広、森下裕美、山田参助、やまだないと等著名漫画家さんがたくさん。
バロン吉元先生のお名前はよく存じていたが、作品の造詣は浅く、あまり読んだ事がなかった。
ギャラリーに置かれていた昭和40年代の「昭和柔侠伝」を少し読んで、劇中の帝国陸軍一式戦闘機「隼」を僭越ながらゲストブックに描いてみる。
IMG_20190404_165923aa.jpg
それにしても画暦60年とは凄い。
還暦前で逡巡している場合ではない。


「パンツァガールズ!16」サークル参加告知

同人イベント
03 /30 2019
明日31日、大田区産業プラザpioで開催される「パンツァガールズ!16」にサークル参加します。
スペースは「戦車02」。
ガルパン2次創作「Battle of ZOUHAN YUURI4」他を頒布予定。
間に合えば「ケムリクサ」落書きコピー本も頒布します。
よろしくお願いします。

今年も桜の季節

日常
03 /29 2019
今年もまた桜の季節が来た。
24日に例年のごとく、新宿御苑にスケッチと写真撮影。
御苑は今春より入場料を倍以上に値上げした。大人200円から一気に500円へ。
これではあまり気軽に行ける場所ではなくなってしまう。
入場門は行列。過半数が外国人ではなかろうか?
欧米系、中国、韓国系に混じって東南アジア系の言語も多く耳にする。
経済成長著しいのだろう。いつしか日本のほうがGDPで抜かれる日も近い。
気温は20度に迫る暖かさ。すでにソメイヨシノは八分咲き位。
IMGP9040aa.jpg
IMGP9054aa.jpg
IMGP9092aa.jpg
IMGP9047aa.jpg
IMGP9096aa.jpg
スケッチしていると、昨年に続き、外国人が写真を撮ってくる。そんなに珍しいのだろうか?
スケッチ新宿御苑190327aa
外国人といっても御苑で桜見物するのは富裕層なのだろう。「金持ち喧嘩せず」で、皆穏やかで礼儀正しい。
一方で、コンビニや飲食店で就労する外国人はこのような所へは遣って来ないのだろう。
入場料金値上げした分、開園時間も延長されて18時まで滞在できるようになった。
夕日がNTTドコモビルの向こうに沈んでいく。
IMGP9132aa.jpg

先週の土曜日も大学サークルOBで毎年恒例の花見をする。
場所は代々木公園。このときはまだ二分咲き程度で花見客も疎ら。
更にはあいにくの小雨模様。それも霰だ。
気温も10度以下。花見というより耐寒訓練。
この季節は寒暖の差も激しく、天気の移り変わりも頻繁だからなかなか好天の下での花見には恵まれない。
今年のOB花見日程ははずれだったな。
それはさておき、同輩はもう還暦前後。
既婚者は息子娘すら結婚の話が出るという。
遅かれ早かれ孫が生まれ、祖父祖母の世代に。
そんな話を聴くと、改めて独身で居る無意味さが身に滲みる。
子供は勝手に成長し、更なる子孫を残す。己の意思には関係なく未来が築かれていく。
いわば「自動未来製造機」だ。
この唯一無二の装置を獲得出来ない無念さが歳を負うに連れ、重たく圧し掛かる。
子供を残せる者と残せない者との差はいったいどこにあるのだ?
表面上に差があるようには思えない。
ただ、明らかに新卒就職した者に妻帯者が居る傾向が強い。
だが何か決定的な要因が他にどこかにあるとしたら?
宿命としての独身。
宿命とは何か?
ただ老い朽ちるだけの存在。
還暦を前にして、あと出来ることは何なのか?
逡巡したところで何も始まらない。いつものことである。結局答えなどない。
確かなことは少なくとも「このままでは終われない」のは確かだ。

アニメ『ケムリクサ』全12話が終わった。
テレビ放映リアルタイムでほぼ全話観る。
41年前に、同様にリアルタイムで観た『未来少年コナン』や1994年の『新世紀エヴァンゲリオン』の追体験に近い。
後半、妄想の琴線に触れてしまい、不毛な落書きに興じてしまった。
全部、ツイッターやピクシブに上げる。
『ケムリクサ』はそれだけ妄想力を喚起させるハイレベルな作品であることは間違いない。
最後は意外とあっさり、捻りもなく終わる。
物語としては「お約束」の王道で、めでたしめでたし。
続編の余韻もなく、とにかく12話完結として何とか収まったようだ。
結局、『ケムリクサ』の舞台は地球の都市を3Dモデリングするために遣って来た「宇宙人」の「船」の中での物語だったのか?
最後に「船」から出た世界は如何なる場所なのだろう?
実際の地球なのか?宇宙人の母星なのか?あるいは更なる「船」の外郭部分なのか?
おそらく、「船」と地球とは同じ時空間では繋がっていないのだろう。
其々別々の時間軸の世界で独立しており、わかば達は特別な技術で別の時間軸世界に干渉出来るのだろう。
だから 物理的に地球の上に浮かんでいる訳ではないと想像する。
次元が違う場所に独立して存在し、サルベージする時だけ干渉するのだ。
地球に住む者にはまったく気づかれない方法で。
次元空間が繋がっていないのだから、スケールの問題とか、ケムリクサが実際の地球に影響を及ぼすとかは、余り意味のない邪推かもしれない。

一方、ストーリーとしては、イレギュラーにサルベージされた「さいしょのにんげん」がケムリクサで六つ其々の人格に分裂し、最後に初心を果たすという流れだった。
だが、ヒロインとしてのりんが、わかばに対しての愛情開花の経緯がいまひとつで締めの台詞に至ってしまい、結局りんというキャラクターには最後まで感情移入出来なかった。
「さいしょのにんげん」のコピーの一部であるから、その目的であるわかばに対する「愛情」は必須のはずが、主に戦闘要員として描かれているから、もしかすると「愛情担当」は別の姉妹に移植されているのかと。
だから、最後の最後までわかばに対してはブッキラボウ。果たして愛情の発芽に至ったのか。
時々、体が火照る等の描写はあったが、それも取ってつけた描写でいまひとつ。
男勝りすぎるので、りんはトランスジェンダーかもしれない。
だから、男に対して恋愛感情を持たないのだ。なぜそんな存在が「さいしょのにんげん」の分身となったのか?
「敵」と戦わねば目的を遂行出来ない以上、6人の「分身」が戦闘能力の高い素質を持つのは尤もだが、そうなると話がどうにも破綻してしまう。
結局、りんがわかばに告げた締めの言葉も恋愛感情ではなく、強敵を共に倒したわかばの意外なマッチョ性を褒めただけではなかろうか?「お前もやるな」みたいな。
あるいは、最終的に敵を倒した段階で、りんの恋愛感情が解き放たれるトリガーが仕込まれていたのか?
その辺りは何回も観直さないと理解に至らないのかも。

いずれにしろ、『ケムリクサ』も次世代に希望を託す物語に違いはない。
「さいしょのにんげん」りりが犯した罪の払拭と愛する者の救済を、ケムリクサを触媒にして実践する。
この現実の世でケムリクサに代わる触媒とは何か?
それは男女の営みだ。
結果、生まれ出でる「次世代」が、新しい世界を実践する。
『ケムリクサ』は国産みの物語でもある。
やはり、次世代を育む以外に、未来はないのだ。

3月も終わろうとしている。
そして月が明けると次の元号の発表。
何やら「安」という漢字が入る噂が。
勘弁して欲しい。
万一、読み方が「あきゅう」とか「あびゅう」とかなったら最悪だ。
己のペンネームと類似して、生涯有象無象の至近弾が十字砲火のごとく目の前を飛び交う。
兎に角、「あ」で始まる元号など御免被る。
「高輪ゲートウェー」も通る世の中だ。
いっそカタカナのきらきらネーム元号にでもしたらよろしい。





『ケムリクサ』他アニメいろいろ雑文

アニメ
03 /26 2019
TVアニメ『ケムリクサ』も終盤を迎えて急展開。
ラスト3話に起承転結の承転結を持ってきた感じ。
1話から9話までは大きな展開もなく、ひたすら我慢の視聴。
一般商業漫画だったら絵コンテの段階で通らない大胆な構成。
『けものフレンズ』第一作の功績なくしては生まれなかった演出の妙技だ。
視聴者は1話から9話に散りばめられた映像の中からストーリーの要となる「痕跡」を拾い集め、パズルのように組み合わせていく。
もはや1回観ただけでは追いつけない。
こういった謎解きや妄想の喚起で盛り上がっていくテレビシリーズは1994年放映の『新世紀エヴァンゲリオン』のそれと近い。
あの頃はまだネット黎明期でSNSも普及しておらず、情報伝達も遅かったが、『ケムリクサ』はむしろこのSNSを活用した造りになっている感じ。
本編以外にもSNS上で次々アップされる「前日譚」、「番外編」で作品は並列的に進行していく。
これは『けものフレンズ』第一作の時もお馴染みになった手法だ。
果たして『ケムリクサ』は如何なる完結を見るのか?
『けものフレンズ』同様な最終回を踏襲すると予想すれば、姉妹総出演で主人公わかばの救済を果たすという展開になるのだろう。
でもそれで全てが完結するとは思えぬ。
結局、続編を覗わせる余韻を残し、最終回終了後もスポンサーのカップ麺CMコラボを含めた「後日談」短編がSNS上でアップされていくことは想像に難くない。
果たして今後『ケムリクサ』がコアなファンだけでなく、『けものフレンズ』同様、世間全体に波及するような革新的作品にブレイクするのか注視していきたい。

一方、『けものフレンズ2』は視聴しなくなってしまった。
この「続編」がまったく「別物」と割り切るには少し時間を要した。
結局、あとは趣味趣向の問題。自分に合わなければ無理に観る必要もないのだ。
『けものフレンズ2』は恐らくフレンズのキャラ萌えや声優イベントコラボの部分で楽しめる視聴者からすれば別段悪い作品ではないのだろう。
その部分で受け入れられず、第1作と比較する目的だけで野放図に視聴するのは不毛でしかない。
作り手からしても望ましいことではないだろう。

あとフジテレビ系で放映していた『リビジョンズ』という作品をチラッと観た。
その限りでは『エヴァ』を髣髴とさせて映像も悪くなかったが。
でもあまり話題になっていないのはなぜだろう?
確か『ラーゼフォン』もフジテレビ系で放映されていたが、放映時間帯がころころ変わって追い切れなかった記憶が。
それが影響しているのか定かではないが。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/