fc2ブログ

コミックマーケット103お疲れさまでした

同人イベント
12 /31 2023
C103二日目の大晦日にサークル参加。
生憎の雨模様。
この時期の東京は冬晴れが続くので雨は珍しい。
今回の少年創作ジャンルも西地区。コミティアと同じ場所が続き、テンションがあまり上がらず。
東よりも駅からのアクセスが近いという事だけが利点か。
午前8時半にはサークル入場を済ます。
今回もお誕生日席。スペースに余裕があって窮屈感なかったのは幸い。
IMG_20231231_095135aa.jpg
開場は10時半。ちょっと間延び感覚あり。会場内は寒い。
5類になって全体の動員数は増えている印象はあれど、頒布数はコロナ時と変わらず、最盛期の3分の一程度。
昼過ぎに今回表紙を担当させていただいた「マンガ論争」ブースに訪問するため東ホールへ。
延々と会場の外を歩く導線がキツイ。
代表の永山氏にご挨拶。今回で「マンガ論争」は一旦休刊とのこと。
2007年の創刊号の時にも表紙を担当させていただき、それから16年。
お疲れさまでした。
IMG_20231231_131134aa.jpg
会場では他にむらかみみちお先生、工藤稜先生、漫画の手帖藤本代表様ともご挨拶頂く。
16時、無事C103も終了。
10年ごとにスケブを依頼して下さる読者の方等、年末の忙しい中、足を運んで頂いた紳士淑女各位にこの場を借りて御礼申し上げる。
閉会後、ビッグサイト近くのお蕎麦屋で打ち上げ。
お疲れ様でした。
IMG_20231231_170333aa.jpg

コミケ雑感
気が付くともうコミケサークル参加し始めてから30年になろうとしている。
周りのサークルもベテランばかりでいつの間にかシルバー席に居る感覚。
これだけ長くやっていれば状況も変わるし、一般入場者の世代交代もあろうが、しかし総合的に観れば同じ世代がずっと来場しつづけている印象。
一般参加者の有料化はあまり好ましくは思えない。
結局大手サークルと企業だけが目的の「ガチのプロ一般参加者」ばかりが来るだけで、「何でもあり」の同人イベントの場が成立しなくなる。
「コミケにお客さんは居ない」という理念ならば入場料を徴収するようなシステムはまずい。
金を獲ったら「客商売」になるし、常連ではない一般参加者を遠ざけるだけで誘う事も難しくなる。
「祭り」としてコミケを維持するならば一般参加者は自由に会場に赴くことが出来る状況を維持しなければならないだろう。
でないと、いずれ常連の老人だけが徘徊する場末のギャンブル場と化すだろう。
あと、コミケは基本的に紙の媒体を頒布する場なのだから「コミケットアピール」も紙の媒体を復活させてほしい。
昭和生まれにはPDFは馴染まない。プリントするのは意外と面倒なのだ。

最近、どこかの大学サークルが「コミケ衰退」を論じている書き込みがSNS上に上がっているのを見つける。
総合的に参加者の高齢化とかイベントの多様化で女性参加者が抜け始めたとか、大手が売れなくなったとか等など指摘されているがはたしてどうか?
大手サークルが2次創作を止めてオリジナルのコミティアに移ってきているという記述もあったが、それはちょっと違うだろう。
確かに2次創作の環境は悪化していて、少し前は「なんでもあり」だったのに、最近は様々な制約やルールを持ち出してきて委縮ぎみになっているのは事実。
2次創作の将来が暗澹たるものであることに異論はない。
2次創作に縛りを持ち込んだらコミケは終わる。
しかし、だからといってコミティアはコミケの代替とはならない。
イベント規模は10分の1位しかないし、そもそもオリジナル同人誌などそんなに売れるものではない。
大手サークルが利益を維持できるのは2次創作でコミケ規模のイベントがあってこそ。
そもそもオリジナルでそれなりの人気が確実ならば、商業出版社からお呼びがかかろう。
商業誌で連載始めるほうが、自費出版するより確実な利益と人気が見込める。
わざわざコミティアなんか来ないのだ。
結局のところ、コミケの代替は存在せず、コミケが世界最大規模の同人祭典の場であることは今後とも変わらないだろう。

2023年も終わり、新たな年が始まる。
もう年齢も来年で65歳である。
年々、気力体力の衰えを実感し危機感を感じざるを得ない。
しかし、創作の闘争から逃れる事は許されないのだ。
皆さま良いお年を。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/