FC2ブログ

横田基地友好祭2019

旅、訪問記
09 /16 2019
14日、今年も恒例、福生市の横田基地で開催されている「友好祭」に赴く。
作画資料撮影と同時に生きている証のルーティンの一部。
入場には身分証明とかも必要で何とも息苦しい世の中。
目新しい地上展示機はなかったが、A-10、F-16、オスプレイ、無人偵察機グローバルホークなどの飛行展示が催された。
IMGP0221aa.jpg
IMGP0226aa.jpg 
IMGP0241aa.jpg
IMGP0246aa.jpg 
IMGP0255aa.jpg
IMGP5483aa.jpg
IMGP5520aa.jpg
IMGP5540aa.jpg
IMGP5608aa.jpg
IMGP5570aa.jpg
IMGP0240aa.jpg 
IMGP0232aa.jpg
以前は飛行展示など殆どなかったが、妙にサービスがよい。
これは「横田空域」を渡さないぞという示威パフォーマンスなのかもしれない。
結局A-10飛行展示は間に合わず、無人偵察機は滑走路をランディングしたものの、トラブルでもあったのか結局離陸せず。
飛行展示で撮れたのはオスプレイとF-16.
考えてみると空自はF-16を採用していないし、首都圏基地で飛行するところを見るというのは意外に稀。
あと、C-130からの空挺落下は今年は陸自が担当したとか。
日米連携が露骨過ぎて大丈夫なのだろうか?
そのうち自衛隊が在日米軍に合併吸収される日も遠くない。
いずれにしろ「横田友好祭」もメジャーになって従来の来場者である航空ファンや地元民以外にも知られるようになった。
SNSのトレンドにも上がるようになったので新参者も多そう。
昨年に続いてエネジードリンク目当ての来場者も目立つ。
同時におかしな輩も紛れ込むようになったのか、頭がイカレタ男が暴れて基地の憲兵に拘束される事案も。
ここは「米国内」と同じなのだから、馬鹿なことをするとアサルトライフルで蜂の巣にされても文句は言えない。
DSCN2779aa.jpg
天気予報では曇りだったが、時折日差しも覗く秋の空。
IMGP0278aa.jpg
IMGP0284aa.jpg
IMGP0274aa.jpg
九月半ばを過ぎれば一気にハロウィンの空気に。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/