スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TeNQ 『新海誠が描く宙展』に赴く

旅、訪問記
09 /15 2016
先日、東京水道橋の後楽園にある「TeNQ2周年特別企画展 映画「君の名は。」×TeNQ 『新海誠が描く宙展』」に赴く。
場所は東京ドームシティーにある黄色いビル。
TeNQは「宇宙についての知識を深めることができる9つのエリアによって構成された、エンタテインメント・ミュージアム」だそうだ。
入場料は前売りで1600円。当日券は1800円。決して安いとはいえない。入場が時間制になっている。
最初は巨大画面映像を二つ「強制的」に見せられる。
これは平衡感覚に訴えるので正直辛かった。見たい人だけ任意にすればよいのに、ここを「見学」しないと先に進めない。
内容的にもアトラクション的要素が強く、「宇宙についての知識」云々とはあまり関係ないような・・。
基本、カップルや家族連れ向けと察する。
男一人で行っても、恐らく楽しめない。
映像ゾーンを抜けると様々な展示施設がある。ここから先は一部を除いて撮影も自由。
これもじっくりと宇宙の最新情報を得る場というより、カップルのデートの場を提供するための空間に近い。
IMGP9029a.jpg
なぜかここに大学の研究機関が常駐していて、ガラス越しにその様子が眺められる。
火星の時差画像から変化している場所をパソコンで探す研究作業が入場者にも提供されているため、参加してみた。
30分位粘って探してみたが、そう簡単に見つかるものではない。
これが唯一、宇宙探査の実践的コーナーであった。
肝心の『新海誠が描く宙展』はラストのほう。
IMGP9032a.jpg IMGP9042a.jpg
思ったよりもこじんまりしていて、展示内容も質素。原画展示と映像紹介がメイン。
細田守監督の『ばけものの子』封切時に渋谷で開催されていたイベント並のスケールを期待していたので、かなり拍子抜けしてしまった。
新海監督への応援メッセージコーナーみたいなのがあったので備え付けのカラーペンで一筆「新海風の宙」を描いてみる。
IMGP9041a.jpg IMGP9035b.jpg
ミュージアムショップでは『君の名は。』グッズは殆ど売り切れ。もっとも最初からそれほど多くのアイテムはなかったようだが。
これだけ人気が出るとは、誰も予想していなかったのだろう。
更なる充実した『君の名は。』関連イベントに期待したい。
IMGP9050a.jpg IMGP9047a.jpg


あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。