お腹の脂肪

日常
10 /03 2009
現在、新しい商業作品の絵コンテと原稿を同時進行中。
といっても、今のところ掲載の当てもない状況なのだが、取り合えずこれを完成させて次のステップに進まねばならない。

最近、体質が著しく変わった感じがする。
中学卒業時からまったくといってよいほど体重の増減がなく、体重43kgで安定していたのだが、ここ数年、お腹周りに脂肪が付き始め、50kg前後に増えてしまった。
つまり、今までなかった7kgほどの「質量」が身体に纏わり付いてしまったのだ。
普通、7kgもの荷物って結構重いはずなのだが、そんなものが身体に付くということ自体、なんとなく気味が悪い。
と同時に、諸々の意欲の減退も感じるようになる。
これはやはり、体質の転換がどこかで起きたということなのだろう。
ホルモンとかが作用しているのだろうか。年齢と共にそういった体質の変化が日々の活動にも影響を及ぼすのかもしれない。
お腹に脂肪が付く原因は代謝エネルギーの減少で、その分余ったエネルギー源がお腹に蓄積されるみたいだ。
これまで創作に注いできた悶々エネルギーが「創作」に行かず、お腹に貯まるなんて我慢ならない。
だがそれが避けがたい体質の通過儀礼なのだろうか?
このお腹に付いた忌々しい脂肪を再び創作エネルギーに燃焼するよい方法はないものだろうか?

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/