スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35年ぶりの箱根

旅、訪問記
02 /16 2015
35年ぶりに箱根を旅する。
かつて、大学の漫画研究会の夏合宿で4年ほど通った温泉地。
青春の真っ只中で、混沌とした情熱と青臭い未熟な葛藤のごちゃ混ぜをロマンスカーに乗せた、あの夏の日。
合宿の宿で徒然に描いたイラストが残っている。
題して『強羅の夢』。
強羅の夢810904
自分が商業漫画デビュー作として執筆した『火山観測所』も此処を舞台としたのを思い起こす。
そんな古の「青い茫漠とした足掻き」の化石が眠る箱根を彷徨った末に買い求めたお土産は・・・。
DSCN0398a.jpg DSCN0399a.jpg DSCN0402a.jpg
いつしか箱根は己の中で「第3新東京市」に上書きされて現実から妄想に救いを求めていたのであった。
「心の壁を解き放て。欠けた心の補完、不要な体を捨て、すべての魂を今一つに。」
碇ゲンドウの気持ちが解った様な気がした。
終劇。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。