オリンピックメダリストとジリ貧既得権

報道
02 /13 2014
ロシア黒海沿岸近くの都市で冬季オリンピックが始まったらしい。
何となくナガラでチャンネルを捻っていたら競技映像が映るので暫し眺める。
相変わらず日本選手は低調だとか。
時たまイレギュラーにメダルが転がり込むレベル。
メディアが激しくプッシュし、競技前から「金メダル獲得へ」とか宣伝している選手に限って3位以内にも入れない。

ただ、オリンピックの度に思うのは、もう国ぐるみで「日本選手」を応援するスタイルはおしまいにすべきじゃないかと思う。
世界各国を転戦するアスリートにとって「国代表」というレッテルというのはもう重荷ではないか。
競技練習費用などは国が負担しているのだろうから、あからさまに「日の丸」を背負いたくはない等とは口が裂けても言えないだろうが、正直選手にとってはどうでもよいことだ。
欧米各国の代表を見ても出身地とは違う国籍で参加している選手は少なくない。更に明らかに日本人なのに別の国の代表選手になっている人もいた。
日本に帰属するということが必ずしもモチベーションの維持に役に立つとは思えない。
むしろ「愛国心」が重荷になって実力を100パーセント発揮できない選手もいるはずだ。
テレビでは選手の出身地元住民総出で応援するシーンなどが流れるが、選手本人は本当に嬉しいと感じるのだろうか?
案外、生まれ故郷に嫌な思い出しかなく、それで海外に飛び出し、よい成績を上げている選手だっているだろう。
そんな選手にとっては「地元の応援」など迷惑でしかない。顔も見たくない地元民もいるかもしれない。

スノーボード選手が銀と銅メダルを獲得し、マスコミは「日本スノーボード界の快挙」とか持ち上げるが、選手はいたって冷静。
インタビューなど聞くと「国内ではまともな施設がないので海外転戦で力を発揮します」とか述べていた。
つまり彼らにとって日本に固執する理由なんかない。
ましてや「日本スノーボード界」なるものは存在しないのだ。
己の演技を更に磨ける環境があれば日本国籍に囚われる必要すらなかろう。
だいたい日本のスキー場ではスノーボーダーは嫌われ者にされていると聞く。こんな環境で優れた選手が育つ訳がない。
むしろ日本に帰属することが己の夢体現の足枷になってしまう。
そういう意味では、このスノーボード選手たちの「海外志向」は間違っていないのだ。

逆に日の丸を背負いすぎて潰される典型的な例が女子フィギュア選手の人。
油が乗った最盛期には年齢制限でオリンピックに出れず、いざ4年後に出場してみたらライバルの韓国人選手に足元を掬われた。
にも拘らず、そのまた4年後に日の丸を背負わされて「金メダル確実だから頑張れ」とメディアに急かされて黒海沿岸に引っ張っていかれる気の毒な人。
そこまでやらなきゃいけない理由はなんなのか?
日本代表故の重圧で実力を発揮できないのならば、国籍を変えたほうが本人の幸せに繋がろう。
どこぞのタレントランナーのようにカンボジア代表でエントリーしてもよかろう。
もっとも相当の強化費用が国費から支払われていそうだから日本代表を辞するなんてことは不可能だろう。
しかし今回も辛酸を舐める可能性は高い。
地元の絶頂期ロシア選手に有終の美を飾る韓国選手。ライバルに勝てる要素はどこにもない。

先日、テレビを観ていたら、成田からチャーター便でニューヨークに到着した元東北地方球団ピッチャーの話題が流れていた。
数年前「ハンカチ王子」の引き立て役だった人が、今や何十億円オーダーで大リーグ入りしたという。
自分からすれば往年のV9巨人軍の堀内や城乃内、高橋十三に比べても大したことなかろうと感じる選手が、なんだか東北震災のアドバンテージに後押しされ、無敗で球団を優勝に導いたという「サムラコウジ」もびっくりな「伝説」で株が急上昇。挙句、王、長嶋をも凌ぐ大優遇で大リーガーになってしまった。
その桁違いなバブル契約になんだか興ざめする程。
だが彼にとっては大当たりな人生だ。
何もなければ東北の寒村で燻る以外に生きる道はなかったのに「ハンカチ王子」と「東日本大震災」のお陰でジリ貧日本を脱出し北米の億万長者となったのだ。
その一方で「主役」だった筈の「ハンカチ王子」は北辺の球団2軍で燻る日々。
人生を飛躍させるアドバンテージに恵まれた者と縁のない者との差は幾許か。
アスリートも芸術家も数多のクリエーターも様々な「利権」を活用しない限り、花開かせられないという典型的な例だろう。
そういう意味では「サムラコウジ」の選択は間違っていなかったのである。
「被爆2世」「障害者」「震災慰労」という「利権」を活用して何が悪い。
彼が「悪党」ならこの東北球団ピッチャーも罪を免れない。
誰が非難出来ようか?

元アメリカ大統領令嬢の駐日米大使が和歌山のイルカ追い込み漁を止めろと発言したそうである。
そもそも、なんでこの和歌山の漁師はイルカ大虐殺ゲームを未だに続けているのだろう?
新聞によると、追い込み漁自体は差ほど歴史がある行事ではないそうだ。
イルカ漁が死活問題でもなさそうだし、地場産業というわけでもない。単に漁師の残虐本能を満たすために余興で続けているに過ぎないようだ。
「鯨漁は日本の食文化だ」等といつまでもごねていたところで、もはや国益にはならない。
今更鯨の竜田揚げがなくとも困らないし、日本人のどれだけが捕鯨の恩恵を受けているのか?
むしろイルカの体内には重金属が蓄積されており、それを摂取することは健康を著しく阻害するそうだ。
捕鯨イルカ漁で恩恵を受けるのはせいぜい数百人オーダー。
「シーシェパード」に賛同するつもりは更々ないが、そのジリ貧捕鯨業界既得権のために欧米から非難を受けなくてはならない謂れはない。
正直、迷惑だ。
和歌山の一握りの漁師のせいで日本人全員が「残虐民族」とレッテルを貼られる事実に日本政府はなぜこんなにも疎いのか?
だから日本海を「東海」に書き換えられる運動に弾みがつくのだ。
アメリカの知識人や有力者にとって日本人のイルカに対する残虐性は許しがたい。
それを戒めるために日本海の名称を抹消するのは然るべきと考えていても不思議はない。
そういうことに鈍感な日本外交は絶望的でもある。

このまま和歌山の残虐漁民を放置すれば、アメリカは黙っていまい。
米海兵隊が実力行使で和歌山太地町に対し、空爆と上陸作戦で残虐漁民を徹底的に叩く可能性も大いにある。
4月のオバマ訪日もこの対応に掛かっていよう。
欧米文化圏の価値観からすれば太地町漁民の命などイルカの生命より軽い。
それを日本人は自覚すべきであり、日本外交に重大な影響を与えていることに一刻も早く気が付くべきだ。
このまま役にも立たないジリ貧の捕鯨既得権益にしがみついても日本に未来はなかろう。

ニュースによると直近の日本経常収支黒字は最盛期の8分の1だそうである。
赤字に陥るのは時間の問題だろう。
やがて石油を買うお金すらなくなる。原発も止めるなら一瞬で干上がる。
新たな産業創生は急務だという。
それが何かと問えばマスコミは「高齢者介護産業の輸出」だそうである。
本気で言っているのか?またもジリ貧既得権だ。
そんなもの将来の基幹産業になるとでも思うのか?死に逝く者のために投資する国がどこにある?
噴飯レベルだ。
未来を考えるならば新たな世代創出に投資するのが当たり前。
老いた団塊の世代を生きながらえさせるために国力を浪費させるのなら団塊が墓場に逝くと同時にこの国は滅びる。
ジリ貧既得権救済とは冗談にもならない。

こんな国にしがみついていて何の得があろうか?
そろそろこの日本に「中興の祖」みたいな指導者が現れない限り、早々滅びるのは確実だろう。

15歳のスノーボーダーや「ハンカチ王子」添え物東北ピッチャーはこんなジリ貧既得権日本に見切りをつけて正解であろう。
彼らには先見の明がある。
実に羨ましい。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/