終わりの始まり

報道
09 /01 2009
8月最後の朝、テレビをつけると選挙の結果が出ていて、それは大方マスコミの予想と変わっておらず、大した感慨もなかったのでテレビを消して二度寝した。
自分の選挙区には「児童ポルノ法」に異を唱えていた議員が立候補していたので投票したが、残念ながら議席は守れなかったようだ。

それはさておき、民主党なる政党が議会で過半数を占めて政権が交代すると大きなニュースになっているけれど自民党に変わって民主党が政権を摂ったところで本当に何か「変わる」と本気で信じている人はいるのだろうか?
そもそも、民主党は元自民党の派閥が割れて出てきたもの。党首は自民党でかつて宰相を勤めた子息。民主党の実力者小沢という議員も「ミスター自民党」みたいな人物。
自民党の総裁も民主党の党首も世襲という身分は変わらないし、取り巻きも似たり寄ったり。
世襲批判があった中でも、世襲議員はそこそこ当選しているしね。
根本は何も変わっていないのだ。

かつて、社会党と自民党が切磋琢磨した1960年代のようなイデオロギーを軸とした対立があるわけでもなく、要するに自民党だろうが民主党だろうが基本どっちが政権とったってやることには変わりがない。
自民党が歴史的大敗だとか騒いでいるが、民主党と似たり寄ったりなんだから落選した自民議員もいっそ明日から民主党に鞍替えすればよろしい。別段、誰も困りはしない。
実際、新潟辺りの元宰相の娘が民主党から出馬して当選したんだからいいんじゃないの?

しかし皮肉なことに、地元の有力者や重鎮の立場だった古参の自民党議員が居なくなったことで官僚が自由気ままに行動出来る様に成った分、実は官僚支配は今よりも進む気がする。
それになんだか得体の知れない民主党新人女性議員が大量当選してしまい、本当に大丈夫なのか?
中国あたりから「逆ハニートラップ」を仕掛けられて国家機密やら重要政策なんかを洗いざらい持って行かれる危険性が危惧される。
中国の「日本愛人化工作」によりスイーツ女性議員はみんな中国諜報部員の妾と化すかもしれない。
こっちのほうが八つ場ダム建設中止よりよっぽど現実味がある。

ドサクサ紛れに当選したスイーツ女性議員と超高齢有権者に支えられた世襲議員しかいない国会で果たしてまともな国政が出来るとは、とても思えない。
民主党のマニフェストも怪しげなものが多く、現実味に乏しい。
実際のところ、結局は官僚の力に押され、自民党政権時代に決められた政策はそのまま通ってしまうのがオチだろう。
要するに、日本の政治というものがますます弱体化するのだけは確か。
それに相反して官僚の力が増大し実質的には日本は戦後最大の官僚支配国家となろう。
そんな狡猾な官僚が牛耳る既得権益に抗える程の度量など世襲の民主党党首にあると信じるほうがどうかしている。
官僚は内心こう思っているだろう。
「身の保全しか考えない世襲と自己判断能力のない依存体質のスイーツ女性に日本なんか任せられるか。こっちで勝手にやらせてもらうよ」
もはや官僚を支配出来るような腰の据わった無頼漢みたいな政治家などもう消えちまったんだから官僚さんはそりゃあもう手かせ足かせから解放されていい気分だろう。
勿論内政だけじゃなく日本外交もまっとうな政治家が居ないのだから超大国の言われるがままに動くしかない立場に凋落するのは目に見えている。
もしアメリカがアジア外交で日本を重要視しているならば自民党を敗北させるようなことはしなかったろう。それを放置したのは、もうアメリカにとって日本は「お払い箱」ということだ。
アジアにおいては中国がイニシアティブを握っているわけで、もう日本などどうでもよい存在。
スイーツ女性と耄碌既得権世襲議員ばかりの日本に世界は何も期待していない。
堕ちるに任せるだけ。

よって、唯一民主党が実行できるのは「アニメの殿堂」とレッテルを貼られた施設建設を中止に追い込むことくらいだ。
恰好の「生贄」にされてしまい不憫でならない。
日本の未来を見据えれば有望株と思われたコンテンツ産業育成の象徴だった施設を自らぶっ壊すくらいしか、今の民主党には能がない。同じようにコンテンツ産業に力を入れているといわれる中国、韓国からすれば実に「ありがたい」事だ。
自分で自分の首を絞めているのだからね。
結局、「アニメの殿堂」を派手にぶち壊すパフォーマンスをしただけで、あとは自民党政権時代の既得権益は温存と、まあそんなところだろう。

結局、守旧的な既得権に縋る事以外に世襲党首の生き残る術があるとは思えない。
内政では官僚に頭が上がらず、外交では中国、ロシア、アメリカのいいなり。
その上、己の存在感を示すためだけに独身女性優先の人迷惑な政策を実践して日本絶望独身男性をますます窮地に追い込むような事態が発生しないとも限らない。
人口減、少子高齢化の中で民主党の掲げたマニフェストが実践できる訳がないし、無理にしようとすればどこかに大きな歪みが生じてとんでもないことになろう。
自民党だろうが民主党だろうがもはや世襲とスイーツ女性に頼っているような政治では高が知れている。
遅かれ早かれジリ貧になっておしまいだ。

これは「終わりの始まり」に過ぎない。
政治はただの形骸。飾り物だ。
生き残りたければ、これまで蓄積したモノを最大限有効活用して「持久戦」に備えるしかない。
結局は既得権がものをいう時代なのだ。新たに生まれる有益な価値観などこの国では絶対に育たない。期待するだけ馬鹿馬鹿しい。
あと女に生まれなかったことを悔いるしかない。
いつの時代にも得をするのは「権力者とそれに縋る女」である。
その原則が如実になっただけ。
スイーツ女と世襲から見放された者にとっては受難の時代が来る。
権力のない男はもう居場所がなくなってきた。

あと何年生き残ることが出来るだろうか。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/