コミックマーケット84お疲れ様

同人イベント
08 /12 2013
昨日は猛暑の中、コミケット「あびゅうきょ」スペースまでお越し戴いた紳士、淑女の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。差し入れ、支援等感謝の極み。
少年創作ジャンルが夏コミで東館になるのは久しい。
東館の猛烈な暑さの中の人波、汗に塗れた1000円札を久しぶりに堪能した。
今回の新刊はガルパン本。ピクシブを見て訪れた一般参加者も居られて、ある程度の宣伝効果はあったようだ。
ただ、やはり商業漫画誌で連載していないとオリジナル個人サークルは厳しい。
ネットが普遍的に広まったといっても、商業ベースでの紙媒体と比べれば認知度は天と地の差がある。
同人イベントでの売り上げ統計を見ても、やはり連載中やコミックス発表時は上がり、そうでないときは低下する。
無論、それだけが理由でもなかろう。
サークル主宰者の人徳にも左右される。
人気オリジナル個人サークル主宰者のスキルの高さは尋常ではない。
同人同士の人脈が深く、常に誰かと情報交換しながら足繁く挨拶回りをこなす。
コミュニケーション能力も抜群。商業雑誌にも掲載作品を持ちつつ同人活動する主宰者の日常に無駄がない。
まるで魔法だ。
自分にはとても真似が出来ぬ。特にコミュニケーション能力に欠けるため人脈作りが苦手で、一向に人の輪が広がらない。
もはや自分のスペースに留まっていては如何ともしがたい。

それはさておき、連日の猛暑はこの日も例外ではなく、容赦なく参加者を渇かせる。自販機前やドリンク売り場は長蛇の列。たまに車椅子で運ばれる参加者も見かけた。
午後にはにわか雨で宅配受付場所が変わり、ここも長蛇の列。荷物が出し終わるまで1時間近く並んだか。
イベント終了後、なんだかいつもと違う雰囲気。
なぜなら今日はまだ日程二日目なのだ。会場の撤収作業がない。
12日もコミケがあるのだ。
いつも最終日参加なので妙な気分であった。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/