冬の絶対領域少女

日常
12 /24 2011
クリスマス寒波が来襲し、一段と寒くなる。
先日、某漫画雑誌の編集さんと阿佐ヶ谷の喫茶店で話す機会があった。自分よりずっと若い。
当然ながら感性も研ぎ澄まされているので、今、どんな作品が望まれているかをご教示いただく。
すでに硬直化しつつある己の創作概念を覆さねば生き残れない状況を改めて思い知る。
さて、その編集さんはなんと裸足でサンダル履き。
生き方に気合が入っているなと感心する。

そう、それで連想したのはオーバーニーソックスだ。
これだけ寒くなってもミニスカートにオーバーニーソックス少女の勢いは止まらない。
女子高校生のミニスカ生足制服には敵わないものの、「絶対領域」を晒して、このクリスマス寒波襲う街を闊歩出来るというのは、やはり気合なくしては為しえない。
そこで妄想力を発揮して、そんな冬の絶対領域少女を脳裏に焼き付けてラフに描いてみた。
ブログ絵111223色a
無論、この絵は半分煩悩妄想が入っているので、実際はこんなパンツが露出した格好ではないが。
しかし、クリスマスをロンリーに過ごす寂しい男たちからすれば、ニーソから覗く「絶対領域」は己のさもしい心に一本の蝋燭を灯してくれる貴重な栄養素だ。

ありがとう。
冬の「絶対領域」。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/