スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪なパン屋

日常
09 /26 2011
たまたま立ち寄ったJR中央線某駅近くのパン屋。
閉店時間30分前のタイムサービスで半額セールをやっていたのでサンドウィッチを購入してみる。
商品をレジに持って会計を済ませようと目の前の店員さんを見ると、うっかり視線が胸のところに。
「しまった!」
そう。このパン屋はいわゆる萌系の分野でコスプレの対象になる程の有名な制服であることをすっかり忘れていた。
レジの店員さんを見てそれに気が付き動揺してしまう。
その上、その店員さんの制服サイズが合っていないらしく、ブラウスがはちきれんばかりにパンパンで今にもボタンが「ぼんっ」と飛ぶんじゃないかと思うぐらいの状況なのだ。
神戸屋110925色
目のやり場に困って視線が宙を舞う。
店員が言う。
「おしぼりはお付けしますか?」
思わずこう返しそうになる。
「そのオッパイもお願いします」
しかし辛うじて押し留まった・・。
きっとあの店員さんは心の中ではこう思っていたのだろう。
「やだ!50過ぎて独身のキモイヲタ客が来た。私の胸を視姦してる!仕事だからガマンしてるけど失礼な奴ね!こういう客には賞味期限切れのパンの耳でもくれてやるのが相当よ!この絶望独身男性があ!」
その妄言電波をキャッチしたので会計を済ませると一目散にその場から逃げ出した。
こうブツブツ呟きながらね。
「タイムサービスで半額だったからこの店で買い物をしただけなんだよう。半額だったからなんだよう!それ以外の理由は一切ないのだから責めないでよう!」と・・。

罪なパン屋である。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。