カンニング学科新設

報道
03 /01 2011
大学入試の問題をネット上の質問コーナーみたいなサイトに上げてカンニングした受験生が居たとか。
たまに突飛な話題がいきなりニュースのトップで報じられると気味が悪い。
今の時代にこれがそんな驚くべきことなんだろうかと?
不正である事は確かなんだろうが、裏から手を回して一流大学に「合格」する者など珍しくもなかろう。
大相撲の八百長騒ぎと同じで「何を今更」という感を否めない。
これ位の「不正」は見逃してもいいんじゃないか?
ちゃんと学費は納めるんだろうし、大学にとってはありがたい「お客様」だ。
今や「全入時代」。大学も生き残るためには形振り構ってはいられまい。
寧ろ、ハイテクカンニング、大胆ネットカンニングマンとして一芸に秀でているんだからテストの得点如何に拘わらず合格でいいんじゃないか?
記憶力と受験技術に長けている者だけが合格出来るなんて、今時何の役に立つのか?
大学も少子化で経営に苦しいんだから、こういう人間も積極的に取り込まなきゃ未来はないよ。
いっそ「カンニング学科」というのを作って如何にズルして美味しい人生を極めるかを教えるジャンルがあってもよい。
もっとも、この「カンニング受験生」も本気で「合格」を狙ってやっているとはとても思えない。
こんな方法ではすぐに不正は公になる訳で最初からばれるのは折込済みなんだろう。
「愉快犯」というか、まあ悪戯気分で世間を騒がしたかっただけと思われる。
そんな悪戯に本気で反応する大学やマスコミもどうかしているような。
この際、大学側も逆手にとって携帯を駆使して問題を解く入試にすればいいんじゃないか?
如何に早くネットから解答を引き出すかを競わせるのである。
アダルトサイトにアクセスし高速自慰で最も早く射精した者が1次試験突破とかね。
いちいち規制ばっかり考えるから小さい人間ばかりが育つのだ。
これからは高速ネットを駆使する高速オナニー野郎が東大生となって日本を導くのだ。
これで日本は安泰だね。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/