ますますエスカレートしてきた「偽インフルエンザ」騒動

報道
05 /01 2009
こんなインチキみたいな「伝染病騒ぎ」に本気で振り回される「過剰反応馬鹿」にはなりたくないと常々思う日々。。
数年前の5月、酷い咳に悩まされた事があった。咳は一ヶ月も続き「ただの風邪ではない」と不安になった。
病名もよくわからぬまま自然治癒したが、今でもあれは尋常ではない病原菌の仕業ではないかと疑っている。
ただのアレルギーだったかも知れないが本当の原因など解らぬまま。
そんな呼吸器系疾患は年がら年中あらいる人が罹っているわけで、流行性インフルエンザでも年間何万人もの死者が出ていると言われている。
それがニュースにならないのは交通事故と同じく「ありふれた死」だから。
インフルエンザでの死はだからごくごく「ありふれた事象」に過ぎないのだ。
ではなぜ今騒ぐのか?
報道では豚とか鳥とかを介して毒性の強い新型のインフルエンザが突然変異して人に移って致命的大流行を起こす危険があるからだという。
ではそんな突然変異は今までなかったのか?
否。
スペイン風邪とかで大流行した時は人がたくさん死んだという。
だが別にあの時の流行も予め予測してから大流行したなんて話は聞かない。
当たり前だ。
インフルエンザが「これから毒性が強い奴を流行らすんでよろしく」なんて言う筈もなかろう。
そんなものは予測不可能だし、大地震と同じでいつ起きるかなんて誰にもわからない。
インフルエンザは日々変異を繰り返しているから何が安全で何が危険だなんて予測など付く訳もなかろう。
それに人の体質も千差万別なのだから一様にウイルスに犯され重篤になる訳でもない。
そんな「予測不可能」なインフルエンザの大流行をさも「これから流行りますよ。全員うつりますよ。みんな死にますよ」のごとく騒ぎ立てる昨今の状況は滑稽ですらある。
胡散臭い「大地震予言」のペテン妄言と大して変わらない。
なんだ?パンデミックって?そんなにありがたい言葉か?「大流行」と言えばいいものを変にカタカナにすると何かご利益でもあるか?
厚生大臣よろしく深夜に記者会見して「スワ!新型インフルエンザ患者発見か!」と騒ぎ立てる様はどこか狂っている。
今の今まで交通事故死をスルーしていたのに、いきなりこれからは一人事故死する度に緊急記者会見するがごとき異常さだ。
感染者が確認されたらイベント中止だとか外出自粛だとかペストのごとき過剰反応のほうがインフルエンザ疾患よりも恐ろしい「伝染病」に思えて仕方ない。
昨今、北朝鮮のミサイルや某タレントの痴話騒ぎに日本中ひっくり返るような過剰反応しているがこっちのほうがよっぽど危険な「病気」だ。。
たかが痴漢ごときに人民裁判のごとく鬼の首を獲ったかのように一個人を社会的に抹殺することさえ厭わない異常さはいったい何処から来た?
このほうがよっぽど怖い。
恰も過剰な免疫反応でばたばた死んでいったスペイン風邪と同じではないか?
防疫すべきなのはインフルエンザではなく、科学的根拠なき世迷言に異常反応する集団ヒステリーであろう。
マスコミや行政はインフルエンザも痴漢並みに「重罪」にしないと気がすまないらしい。
A型B型香港型ソ連型と列挙して「何某型」は危険だが「なんとか型」は安全だとか喚いているが何の根拠があるんだ?
そんなシンプルな構図で伝染病が流行るのなら毎年人類はとっくに絶滅しているんじゃないか。
何十億年の生命進化の中で生物は気が遠くなるような複雑な多様性を獲得しこの地上に繁栄し続けている。
単純な一形式のインフルエンザで人類すべてが脅威に晒されるなんて現実にはありえない。
むしろ変質したインフルエンザを受け入れることによって己の抵抗力や免疫を高める効果があろう。
メディアはそれを伝えるべきであって、まるで「無菌室に逃げ込め」のごとき世迷言をばら撒く愚考は直ちにやめるべきだ。
そもそも鳥インフルエンザやらサーズやらを殊更危険視して「防疫の準備を怠るな!」なんて騒ぎ出したのはつい最近のこと。
太古の昔からそんなインフルエンザ変異などいくらでも繰り返されてきたのに何で今になって急に危険視するのだ?
誰かが恣意的に危険を煽っているとしか思えない。
幾ら空港で防疫しようがマスクしようがインフルエンザは何処にだって侵入してくる。
元々人に宿ることを常にするインフルエンザが一夜にして敵対関係に成る訳なかろう。
そんなことが出来るのは神様だけだ。
いつからインフルエンザでの死が特別になったのだ?
どう考えたってインフルエンザを出汁にしているに過ぎないではないか。
みんな気が狂っているんじゃないか?
遅かれ早かれ日本にもその「新インフルエンザ」患者は見つかるだろう。
気の毒にその「患者」は普段であればただの風邪で終わったはずなのに黒死病患者のごとく扱われ人生を狂わされるのだ。
そして親類縁者みな隔離され、自宅近所は焼き払われるかもしれない。
たかが「風邪」でね。
そのうち咳ひとつでもすれば保健所に密告され隔離病棟に放り込まれるようになろう。
たかが「風邪」で。
そのうち人々は気が付くのだ。
インフルエンザごときでなんで身柄を拘束されなければいけないのだと?。
むしろこの騒動は人から行動の自由を奪うために考え出された口実ではないかってね。
だが、気づいた時には遅すぎるのだ。

数年前、酷い咳が続いたとき、自分の周辺でも似たような症状の人がいた。
百日咳が流行しているかもしれなかったが真偽の程は解らない。
しかし何だか得体の知れない恐怖を感じ取ったことは確かだ。
「何かがある」と。
しかしマスコミは何一つ「流行り病」のことは伝えなかった。
この身で感じる現実と、メディアが流布する「現実」が年を追うごとにどんどん離反していく。
自分は己の五感で嘘と現実を嗅ぎ分けねばならぬと最近強く思うようになった。
だから天気や地震など自分の感覚で確認できる事象以外のマスコミ報道は基本的に信用していない。
その最たるものがこの「新型インフルエンザ騒ぎ」だ。
ここまで胡散臭く、且つ大規模で悪質な茶番はそう多くはあるまい。
インフルエンザで死ぬことを心配するならばこのデマに巻き込まれてパニックで死ぬことを警戒したほうがよい。
それが懸命な人間の選択する道だ。
マスクもいらないし薬もいらない。
必要なのはこのデマを無視すること。
愚か者にならないための必須条件だ。
さあ!GW後半は思いっきり外出するぞ!
普段引きこもりを「人非人」扱いしているマスコミが引きこもりを奨励するようなデマを流している今こそ逆に外で活動してやろう。
そして思いっきり横浜で成田で羽田で深呼吸だ!
新型インフルエンザ君!僕は君と友達だ。仲良くしよう!!

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/