FC2ブログ

コミケット97お疲れ様でした。

同人イベント
12 /31 2019
コミケット97も無事終了。
30日はお忙しい中、弊サークルにお越し頂き、この場を借りて御礼申し上げます。
場所は西4ホール。隣はむらかわみちお先生、他有名プロ作家サークルが名を連ねるスペース。
今回はいつもの売り子さんが引越しと重なってしまったため欠席。そのため一人参加となり設営撤収はかなり時間を要す。
頒布アイテムは新刊、既刊同人誌の他、当サークル主宰がこの12月に還暦を迎えたため、いつもサークル活動をフォローして頂いている同人作家の森野優樹先生がサクマドロップで記念品を製作。
「おたまじゃくし君」や「火葬場君」、「影男」、「ネコ人間」などのアバンギャルド系キャラクターで構成。
IMG_20191231_175234aa.jpg
当日は先着順に読者の方やお世話になってるサークルさんに贈呈。
思えばプロデビューしてから37年。同人活動始めてから25年経ってしまったのだ。
光陰矢のごとし。
それはさておおき、天気はあいにくの曇り時々雨。
この季節にしては今年の不順な天候を象徴してか晴れ間なし。
同じ西ホールで開かれた11月のコミティアは寒かったので覚悟していたが、なぜか予想に反して暖かい。
暖房と熱気が効いていたのか定かでないか、幸いだった。
同人委託販売書店が直接持ち込み回収窓口設置した旨のチラシを貰う。
後から郵送する手間や送料が省けるので利用しない手はない。
が、以前は直接スペースまで回収に来てくれたが、今回はこちらから本を持っていかねばならない。
やむなく20分ほどスペースを離れて南館端の回収所へ。
その留守中にお客さんがいらして隣のサークルさんが会計を肩代わりして頂いたらしく、恐縮。
やはりコミケでは一人サークル参加だとかなり厳しい。
16時、無事3日目終了。最終日ではないので会場撤収作業に追われることなく、ゆっくりと後片付けできたのは幸い。
ただ、宅配便は1時間以上待たされた。

2019年はこれで同人頒布イベントも絞め。
来年からはいよいよ60代の大台。
何の通過儀礼も経ず、精神年齢は相変わらず12歳程度なので実年齢とのギャップが破滅的に開きすぎて笑うしかないが、体の動く限り、妄想表現活動に邁進するしか道はない。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を。


あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/