火星へのチケット

天文、宇宙
09 /04 2015
ついに火星行きのチケットを入手した。
マイルも溜まる。
boarding-pass-with-miles-km.jpg
実はNASAが2016年3月に打ち上げる予定の火星探査機「インサイト」に希望者の名前をマイクロチップに搭載する企画を募集していて、それに申し込むと「搭乗券」が発行されるシステム。
参加費は無料。締め切りは米東部標準時間で今月8日まで。
サイトは
http://mars.nasa.gov/participate/send-your-name/insight/
これまでも、日本の火星探査機「きぼう」やNASAの火星探査機で同様のイベントがあり、参加した。
月探査機「かぐや」は確かはがきで申し込んだ記憶がある。
いずれは日本のラブドールを火星に送り込む日を期待しつつ、『LOVE MARS』というイラストストーリーも描いた。
火星への妄想は尽きない。
スポンサーサイト

コミティア113お疲れ様

同人イベント
09 /04 2015
遅ればせながらコミティア113お疲れ様。
8月下旬からの天候不良で、この日も曇り空。夏の暑さはどこにもない。
久しぶりにコミケの新刊がオリジナルだったのでコミティアでも頒布出来た。
今回は少し会場を回ってみた。アクセサリーを頒布しているジャンルを覘いてみると、同人誌とは違った雰囲気があった。
アクセサリーは一品モノで単価が高いので、サークルの人もプロ並みの接客術。
これはなかなか新鮮。
コミケに続き、お世話になっている『漫画の手帖』スペースが今回も近かったので、いろいろと差し入れを頂く。恐縮。
『漫画論争』の代表、永山氏にも立ち寄っていただいた。何やら京都で戦争と漫画に関するイベントがあったとかで、私がプチアップルパイ時代に描いた『彼女たちのカンプグルッペ』を話題にしていただいたとか。
あれを描いたのは1980年代前半だったか・・。今、『ガルパン』や『艦これ』でミリタリーと美少女モノが脚光を浴びているが、自分がこの手のモノを描いていた頃はなんの風も吹いていなかったな。
今、『ガルパン』に夢中になっている人、あるいはスタッフすら『木漏れ日を抜けて』なんて知らないだろうな。
1984年発行の徳間書店「プチアップルパイ」8に掲載されたのが初出。一人だけ浮きまくっていた絵柄で戦争と美少女を描いていた。
ただ、傍観しているだけでは何も変わらないし、他人頼りでは何も始まらない。
多少は自己アピールしておかねばと思うことはある。
ということで、その作品の一部を紹介。
KOM_03GS.jpg KOM_02GS.jpg

幻冬舎コミックス『あなたの遺産』にも収録されていたが、それも今は絶版なので何とかまた発表媒体を見つけたい。

それはさておき、コミティア113もなんとか無事終了。
小雨振る中、りんかい線駅へ。この日も同人イベントが多数開催されていたようで、付近の飲食店はコミケに勝るとも劣らず込み合っていた。
コミケ時はそれ相応の体制で飲食店も準備していたようだが、一般の週末となるとそうも行かず、客の流れも滞りがちだったかも知れない。
多少、売り上げもあったのでちょっと打ち上げにしては予算オーバー(?)なカニ料理でコミティアを締める。
また11月。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。