気になるアニメふたつ

アニメ
05 /29 2013
最近、気になるTVアニメーション。
基本積極的にリサーチしている訳ではないから、たまたま観た物が嵌るか嵌らぬかだけ。
今は何となく偶然見つけたMXテレビ土曜深夜に放映している『悪の華』。
原作は知らない。実写をトレースしたような描き方が功を奏したようで何となく続けて観ている。
青春期のトラウマみたいなのが興味深い。
天邪鬼なのでいわゆる「萌」系アニメでないからきっと流行りそうもないから敢えてチェックしたいという気持ちもある。

あともう一つは『ガールズ&パンツァー』
TV放映は終わっているが、なんかヒタヒタと波が来た。放映時には第2話しか観ていなかったので全容は不明だったが、偶然に早稲田通り沿いのカフェを見つけたりで何だか縁があるような予感がした。
ミリタリー系で尚且つ第2次大戦時の戦車を扱っているのだが、いわいる萌アニメの軽いノリなので手を出しかねる要素が多かったのだが、珍しく同世代に近いタミヤミリタリーミニチュア層が反応して自分も飲み込まれた。
この手の作品は時たま出現するのだか、ミリタリーモノは煮え潰れが多く、人気が出るのは稀。そういえば『ガルパン』に似た萌系キャラで2足歩行型戦車の登場するTVアニメがあったがあまり話題にならなかった。
『ガルパン』前作の飛行機ものもパンツ丸出しで飛行機は擬態化させたものだったので模型ファンには波及しなかったみたいだ。
しかし今回は実車に近い設定とリアルな動きで守旧的AFV模型ファンも食いついたようだ。
多分、様々な「仕掛け」があったのだろう。
珍しく戦車の模型も売れているようだし、便乗しない手はない。
先日描いた『ガルパン』の妄想イラストも30年前に作ったタミヤミリタリーミニチュアシリーズのⅢ号戦車を参考にした。
1970年代前半、少年たちに流行した戦車プラモデルは海外ドラマの『コンバット』やハリウッドの戦争娯楽大作に触発された要素が大きい。
そんな世代が50歳を過ぎて萌アニメに即発されて、再び戦車プラモに目覚めるというのは何とも香ばしい。
今はエッチング部品や細かなところまで再現されているので作るのが大変そうだ。
タミヤのドイツ88mm対戦車砲を再び組み立てる日は来るだろうか?
接着剤と塗料の香りが懐かしい。
スポンサーサイト

児童ポルノ改悪法案と女性手帳

報道
05 /29 2013
ニュース報道によると自民、公明、日本維新の会の3党は29日、児童ポルノ禁止法改正案を衆院に共同提出した。今国会での成立を目指す。改正案は、現行法で規制されていない児童ポルノの単純所持を禁止。「自己の性的好奇心を満たす目的」での所持に1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科す規定も、新たに設けている。

事あるごとに思うのだが、このような法案が国会に提出される可能性は、情況を鑑みれば容易に予想されたことでこれによって不利益を被る創作者、頒布流通出版関連業界などは、当然法案阻止に向けて有効な処置を伴う行動を起こすと思っていた。
己の権益を守るためには様々な働きかけを国会議員に対して処すロビー活動が必要不可欠であることは論を待たない。
にも拘らず、改悪法案が国会に提出されるに至っても強力で有力な反対活動を実践しているという話は聞かない。

ツイッターでも呟いたが、なぜ日本には米国の「全米ライフル協会」のようなロビー団体が存在しないのだ?
本当に「美少女コンテンツ」が守るべき産業に値するのなら「全日美少女協会」を作って国会議員に圧力をかけて、このようなキチガイじみた法案を根本から排除する活動があってしかるべきではないか。
このような「表現の自由」に拘わる事例は票にもならないから、国会議員に働きかけても無駄というのなら、そもそも「クールジャパン」とか「日本のコンテンツ産業を発展成長」なんていうスローガンは何なのだ?
コンテンツ業界を萎縮させるような法律を作って何が「クールジャパン」だ。


日本はある意味、特殊な国で、法規上あるはずのない「売春」「賭博」「軍隊」が公然と存在する。
アクロバットじみた法解釈でごまかすのが得意な国だ。
この「児童ポルノ改正法案」も実情を鑑みれば「実践不可能」な法律であることは明らか。
「自己の性的好奇心を満たす目的」なんて、そもそも健全な人間なら恒常的に持ち合わせている「欲望」だ。
それをどうやって認定するのだ?
空腹時に食欲のある人間を取り締まるようなもの。
更には被害者の存在しない「架空の創作物」を「単純所持」まで禁止するとなれば尋常ではない。
全体主義国並の取り締まりが必要となる。
毎日、学校の校庭で「焚書大会」でもするのか?
そんなことに行政、警察が執心するほど暇も予算もなかろう。
おそらく、いずれはパチンコ同様、曖昧な解釈で看過されていくのがオチだ。
にも拘らず、こんなカルト宗教並の教義に基づく法律を国会議員が議員立法で国会に提出させる情況を生み出している要因はなんなのか?

恐らく、日本には「美少女コンテンツ」が将来有望な基幹産業になるなんて考えている国会議員は一人も居ないだろう。
圧力団体も存在しなければ、票にもならない。ならば「世界の趨勢」に従い、単純所持も禁止してしまえと。

ところで「女性手帳」なるものの配布が中止になったという。
なぜか?
女性の生き方に介入?
否。
言うまでもなくこんなものを配ったら女性票が減るからだ。
議員は票が全て。
議員は落選したら「ただの人」。
故に票が得たいなら何でもする生き物だ。
逆に、票にならないなら議員は何もしない。
何一つね。
だから「児童ポルノ改悪」を止めさせるためには、票に拘わる活動が不可欠なのだ。

だが「美少女コンテンツ」を生業にしている者たちはロビー団体も作らず、著名なクリエーターが声を挙げる訳でもなく、業界が反対の論陣を張るのでもなく、ただダラダラと情況に流されるだけ。

察するに、「美少女コンテンツ」に掛かるクリエーター、業界って己の権利意識が著しく低いのではないか?
自分のような金も議員の伝手もないクリエーターは如何ともしがたいが、少なくとも反対活動に参加したり、献金することは可能だ。
しかしそんな意志を汲み取り、実践する団体は何処を探しても、ない。

いくらネットで「表現の自由」を説いても国会議員に働きかけなければ意味を為さない。
それが出来ないのならば、消えてなくなったとて致し方ないのだ。

生き残るための闘争なくして、明日はない。
何もしなければ消え去るのみ。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。