新世紀エヴァンゲリオン「まごころを君に」TV放映

エヴァンゲリオン
09 /01 2014
先日、深夜の地上波テレビをザッピングしていると新世紀エヴァンゲリオン「まごころを君に」が放映されていた。
1998年公開作品か。
この映画を初めて観たのは角川の試写会。
終劇の後、どう判断していいか解らぬ戸惑いに満ちた劇場の雰囲気が印象的だった。
エヴァの話をすれば、皆熱を帯びたように語り始めた16年前。アニメに造詣が深くなくともこれで共通の話題が可能で人の輪も広がった。
世間を震撼させたオウム真理教事件とシンクロして、この作品は自分を含めた皇太子世代にとって象徴的通過儀礼となった。同人活動もこのエヴァなくして盛り上がることもなかったろう。
様々な意味で忘れがたきこの「まごごろを君に」も今回が地上波初の放映らしい。
一部分カットされたり修正も入っていたが、もう何度も音声だけを録音したテープを聞き返していたので、懐かしさとかはまったくない。
それよりか、このエヴァ「まごころを君に」以降、心を一つに出来うる象徴的な「何か」がまったくなかったことに気が付く。
当時はジブリの「もののけ姫」も公開されていた。宮崎駿作品において最も洗練され、完成度が高かったとも思う。
だがこれ以降、日本のアニメ、ゲーム、コミック周辺はゆっくりと静かに堕ちていく。
いつしか自分達の糧は過去作品の焼き直しでしか生き残れないことに気付く。
昨今の「新劇場版」はもはや「エヴァ」ではない。
試練が迫ってもひたすら「何もしない」のが主人公碇シンジの真骨頂だ。
己がアクティブに現状打破し始めたら、もはやそれは「エヴァ」の物語ではない。
結局、この共同幻想で監督の庵野氏だけが「サードインパクト」を乗り切り、結婚という「人類補完計画」を成就した。
しかしこの作品に心酔した、多くの「信徒」は、綾波レイに胎内回帰することも出来ず、アスカ・ラングレイという生身の女性を娶ることも出来ないまま、今を彷徨うしかないのだ。
16年前を反芻することだけが希望となった2014年。
碇ゲンドウの台詞が心に沁みる。

「その報いが、この有様か。すまなかったな。シンジ」。

エヴァンゲリヲン3.0を観る

エヴァンゲリオン
11 /22 2012
エヴァンゲリヲン3.0を観に行く。
今回はまったく関心がなかったため、前売り券も買っていない。公開日も知らなかった。
先日、友人から家の電話で「今日、エヴァの映画テレビで放映されるよ」と言われ、「何で今頃?」と聞き返したら新作が公開直前だからと教えられ、やっと気が付いた次第。
初音ミク×冨田勲のライブも先日、ラジオで知ったばかり。
すでに8月頃からアナウンスされていたのにも拘わらずまったく気が付かなかった。
毎日、ダラダラとネットサーフィンしているのに肝心な情報は旧態依然のアナログ媒体で気が付くという有様。
それも全部「後の祭り」。
ネットの海の大半は「便所の落書き」。こんなところばかり彷徨っていると人間だめになる。
これに懲りて最近はパソコンの電源を入れないように努めている。しかしスマートフォンを持っていないのでこうすると完全な情報弱者に転落だ。
もう本屋で「ぴあ」立ち読みにして映画情報を得る事も出来ないからどうしようもない。
30年前にあったはずのチケット売り場に行ってみるが当然ながらそんな店は存在しない。新聞にも情報がない。
右往左往した挙句、結局映画館が何処にあるか解らないので3日ぐらい繁華街を彷徨って諦める。
そしてやっと今日、エヴァの新作を観る。
場所は新宿ミラノ座。
いつも「エヴァ」を観たのと同じところ。今回だけは避けたいと思っていたのだがやはりここしか見つからなかった。歌舞伎町のチケット販売店でこの劇場のみ通用する通常よりも400円弱安い前売り券があったという理由もあるが。
1740の回を見る。席の7割ほどが埋まっている。客層は大学生位の男子が目立つか。

さて、肝心のエヴァ新作の感想である。
(「ネタばれ」程の事は記していないが、一切の情報を入れないで観たいと思っている人は読まないほうがいいかも)

序盤と終盤は、正直エヴァとは違う印象。ガイナックスアニメのごった煮みたいなキャラ満載で映画館間違えたかなという錯覚に至る。
〇ディアの〇モ船長?〇〇〇ラス号?「ヤマト」の宇宙戦艦〇〇ドロメダ?
ウーン。どう考えても「エヴァ」の世界観としては無理がある。
もっとも新シリーズ劇場版は旧作を踏襲して作っている訳ではないのでこれも「あり」と言ってしまえばそうかもしれないが。
しかし中盤はマッタリとしたエヴァの世界観で満たされていて違和感はない。
ただ、前作との整合性が薄く、どうしても「続編」として観る事が出来なかった。なんだか同じテーマで別の作家が描き繋いでいく「リレー漫画」を彷彿させる。そしてその作家性がぜんぜん違うのだ。
時系列もどうなっているのだろう?人は歳月たてば変わっていくのだが・・。
それも次回の「謎解き」に組み込まれているのか?
いっそのこと、オリジナル新作で作ったほうがよかったんじゃないかと思ってしまった。
但し前作、前々作と違い、総じてストーリーも絵も殆どが新規製作になっているので全体に新鮮さがあり、独立した映画として楽しめる事は確か。
あと碇シンジがネガティブシンキングに戻っている事に好感が持てる。
卑屈で自我に篭って女の子から詰られてこそ、碇シンジであり「エヴァ」搭乗員なのだ。
だから今回は過去の反芻に陥って見ていて辛くなるということはなかった。
だけれど前作から登場している新エヴァパイロット・・えーとアドビ・イラストレーターに似た名前の人。
これはどうにも馴染めない。
テレビCMで「アルプスの少女ハイジ」のアニメに家庭教師役の中年男を加筆したものがあるが、それと似た印象だ。
特にエヴァシリーズの要になる役割もなさそうだし、一貫してアシスタントで終始してるし、取ってつけた新キャラというイメージが付き纏う。でもまあ次回作に何かあるかもしれないし期待しよう。

観賞後、取りあえずプログラムだけは購入した。なにやら2種類あってどこがどう違うのか解らない。
グッズはあまり買いたいとも思わず。
前回はまだいろいろと物色したものだが。
そういえば「月に行ってきました」という渚カヲルイラストのお菓子が売っていたな。

ミラノ座を出ると空には半月がかかっている。
正面の巨大な劇場が取り壊されていて空間がぽっかり開いている。
かつての賑わいもなくなった歌舞伎町。
最初の「エヴァ」劇場版が公開された14年前とは様変わりした街を独り寂しく家路に向かう。

EVAスマホ

エヴァンゲリオン
03 /16 2012
なにやらエヴァスマホが出るらしい。
SH-06D NERV
まだどんな製品になるか詳細は解らないがベースとなるスマートフォンはこちら
この春、電電公社携帯部門が始めた携帯で見るテレビ配信企画に合わせて開発したものらしい。
前回のエヴァ携帯SH06A NERVもそうだったが「NERV官給品」というコンセプトから考えるとどうにもミスマッチングなベース携帯。
今回のテレビ配信企画も2年ぐらいでぽしゃってしまいそうな代物。そうなればこの携帯も意味を為さなくなる。
寿命の短い失敗企画の墓標みたいな携帯。
エヴァの世界観から導き出すならば、一般受けからは程遠いが実用本位で無骨な、時計で譬えればGショックのような耐久性重視かつ最先端のテクノロジーを集結させたような息の長い製品でないとシンクロしない。
にも拘らず、前回のSH06A NERVもオシャレ本位なぱっとしない携帯がベースになっていた。
ソフトも「特務機関NERV」の世界観を体現したものとは程遠く、アニメグッズの域を出ない安っぽさ感は拭えなかった。着信音も作品本編で使われていた効果音を流用しただけで、鳴らすには恥ずかしいものばかり。
購入してから3年になるが、時々使う程度で留まっている。
実際、「特務機関」が使用するごとき「特注」のかっこよさが不足しているので常に使い込みたいという気分が湧いてこない。
開発予算が限られているということもあろうが、完成度は限りなく低かった。
映画の中でもやっつけで出しているだけ。必然性もない。観ていて欲しくなるというアイテムには程遠い印象を受けた。
おそらく、今回もSH06A NERVと似たような製作過程を取ると思われるから、あまり期待は出来ない。
スマートフォンは持っていないので、確かにエヴァのスマホが出るといわれれば気にはなるが、土台、そんなお金はない。
それにスマートフォンの場合、保護カバーをそれなりの仕様にしてしまえば、本体デザインに手を加えなくともエヴァスマホっぽくなってしまう。
中身のソフトを相当独創的な「NERV」仕様にしない限り、購入意欲は沸かないだろう。
因みに前回のエヴァ携帯、持っているのを目撃した人数はこれまでに3人。
EVA監督の庵野氏本人と他、電車の中での単独30代男性2人だけ。ロービジ塗装なので目立たないという理由もあろうが、差ほど見かける機会はなかった。もう少しインパクトがないと所有している喜びがない。
例えば真っ黒いモノリスみたいな形状で着信する時にNERVの紅いマークだけがボウーと浮かび出るとか、操作系も既存のスマホとはまったく異なるとかね。
要するに既存の携帯やスマートフォンではそれなりの機種を選定しない限り、「NERV」官給品のイメージを醸し出す事は難しい。
いっそのこと、昔の自動車電話みたいなショルダー方式のほうが「NERV」官給品っぽくなる。
あと、手回し発電しないと電話がかけられないとか、黒電話のようにダイヤル形式だとかアナログティックなインタフェイスが欲しい。
こうすれば、電車の中で使用すればすぐに「あの人、NERV官給品を使ってる!かっこいい!」と気付いてくれるだろう。
そんなエヴァスマホを期待したい。

NERV官給品を開封

エヴァンゲリオン
08 /01 2009
遅ればせながら先月22日に入手したNERV官給品SH-06A NERVを開封。
昨日までコミケ新刊入稿で手が出せなかった。
DSCN8671a.jpg
パッケージからして凝った造りなので捨てるものがない。とにかく限定品で9万以上するものだからどうしても腫れ物を扱う感じになってしまう。
コレクションアイテムとするか実用品として使い倒すかが悩み。
もっともこういった「ブランド」品に近いアイテムは人に見せびらかす所に喜びもある訳で「箪笥の肥し」にしたところで無意味な気もしないでもないが、取り合えず買ったばかりであるうちは丁寧に扱いたいもの。受け取りの手続きをした店員は皆白手袋をしていたのは何となく解る様な気も。
因みにヨドバシ秋葉原で予約購入したので特典のバッチとフォルダーが付いてきた。
DSCN8672a.jpgDSCN8675a.jpg
バッチもケースに入って凝った造り。
さて、いよいよNERV官給品をパッケージから出してみる。
本体は量販店の見本でじっくり見たのであまり感動はない。
付属品として限定フォルダーやへんな熊のストラップが付いている。
取り合えず、こっちのほうは開封せずに放っておこう。
DSCN8679a.jpg

今まで使っていた携帯からSIMカードを入れ替える。思ったより小さいので取り付けに手間が掛る。
時計設定とか済ませ、いろいろコンテンツを試してみた。
見本で見たときよりもNERV官給品らしさはある。やはり実際「実働品」としていじってみない事には解らないところが多い。まだまだ触ったばかりなので何処に何があるのか解らなかったり操作方法に戸惑うのだが、なかなか面白いものがある。
充電用卓上フォルダーに置くと、如何にもエヴァっぽい時計が表示出来るのはFB.
DSCN8677a.jpg
デコメール等もエヴァキャラオリジナルのものがあって楽しめる。もっともパケホーダイに入っていないのであまり画像添付や新着のダウンロードが出来ない。
調子に乗って画像を集めていたら法外なパケット料金取られたらたまったものではないし、この辺りは手を出さないほうが賢明だ。
まだ電話帳とかも従来の携帯から移していないため、実用に耐える設定までには至っていないが、ぼちぼち手を入れることにする。
ソフトウェアが更新されていたのでそれだけダウンロードし、SIMカードを元の携帯に戻してとりあえず今日はこれまで。
因みにSIMカードをいったん抜くと時計や日時を再設定しなければならず、ちょっと面倒である。
今のところはまだもったいなくて外に持ち出す気はしない。
この携帯用のクリアシェルとか保護シートなどが販売されているようだし、今後アイフォーンみたいに関連商品が出るまで待つのが賢明であろう。
ところで量販店では予約キャンセル分が放出され始めた。何のことはない。予約したりヤフオクで落としたりする必要などなかった訳だ。
今のところは価格に変化はない様だか今後はどうなるか?
欲しい人はまだ間に合う。まだあると思っているとなくなるのも早い。
買わない後悔より買った後悔のほうがよいかも。

ポカポカ綾波

エヴァンゲリオン
06 /29 2009
新世紀エヴァンゲリヲン新作映画「破」を観る。
どうせ観るなら情報が広がらないうちにと初日に映画館に足を運ぶ。
場所は例によって新宿東急ミラノ座。これまで繰り返しエヴァを見た場所だ。「エヴァ」に関しては正直感覚が麻痺しているので開き直ってここにする。
いや、ここしか思いつかなかっただけ。
ミラノ座前では何やらエヴァのイベントが開かれていた。窓口でチケットを買って入場。前売り券は特典付をローソンで予約していたのだが未だ取りに行っていない。どうせまた「箪笥の肥やし」になるからいいか。
初日のため当然混んでいるが座れないほどではない。
客層は若い人が殆ど。最近は「ヲタク」と「非ヲタク」の差があいまいでもはや混沌としている。家族連れや年配者の姿は殆ど見受けられないが。
映画が始まる。
「序」ほどの抵抗感はなかったがやっぱりこの場に居ることが時々耐え切れなくなる事がある。
内容に関しては敢えて言うこともない。
これは「新世紀エヴァンゲリオン」ではなく、「エヴァンゲリヲン」だ。
「エヴァ」の製作者が、ある意味自ら「自主製作映画」に近い形で同人誌のごとく「2次創作」している感覚。
もはや「エヴァ」はブランドであり、優良商品であるから造り手も受け手も一種の祭りとして「反芻」を楽しんでいる。
かつてオリジナルの「エヴァ」が背負っていたルサンチマンは消え去り、「愛は地球よりも重い」という「宇宙戦艦ヤマト」以来、使い古されてきた「お約束の」テーマに収まっている。
そのことに対して賞賛も批判もしない。
そんなことはもはや無意味だからだ。
映画が終わると拍手と歓声が上がった。仕込だったのかは知らない。たぶん自然発生的だったのだろう。
映画とその関連イベントを如何に楽しむかという「祭典」としての「エヴァンゲリヲン」は日本サブカルチャーの一角に強固な橋頭堡を築いたことは確かなようだ。
後はただ、自分がこの祭りの渦中に居ることにどれだけ耐えられるか否かだけ。
コミカルなシーンでも一切くすりとも笑いが漏れない劇場内で「信者」たちと共にただ黙々と映画を見続ける「儀式」に参加出来るか否か。
そして自分がスクリーンの向こう側、すなわち造り手のポジションにいないこと、見る側で燻る事に耐えられるか否か。
ただそれだけのこと。
耐えられれば若い頃のようにグッズを買い揃えたり、何回も映画館に足を運んだり趣くままに楽しめばいいのだ。
「エヴァ」がサブカルチャーの一翼を担い続ける限り、これから何回でも再構築されたパラレルワールド的「エヴァ」が作られていくだろう。
それに永遠に付き合っていくことが出来れば案外幸せというものだ。
よぼよぼになって綾波レイのフィギュアを握り締め、2049年公開「エヴァンゲRIOン駅前NERV綾波還暦のお祝い」の初回特典目的で行列に並んでいる時に映画館前で死ぬのも一興かもしれない。
ポカポカになれるよ。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/