スマホ導入顛末

カメラ他デジタル機器
02 /18 2017
周りから「LINE」をやれという圧力に屈して仕方なく先日、格安スマホを導入。
もともとNTTパーソナル時代からNTTドコモに強制移行の後、ずっとガラケーを使っていたが、それでも月額1400円程度。
しかし、このままこのキャリアでスマホにすると月額6500円位はかかると言われ、とてもではないがスマホに乗り換える余裕などなかった。
だが、最近格安スマホというのが台頭し、月額1000円前後でも使えるというので検討。
その中でDMMが月1GBで大凡500円前後。NTTドコモのガラケーと合わせても月の通信費用が2000円ちょっとで済むだからこれなら大丈夫だろうと今月始めに契約。
SIMはデータのみ。音声電話は出来ないがガラケーで兼用できるので問題なし。
本体とSIMを同時に購入したので初期費用は3万円弱かかった。端末はHAWEI MediaPad T2 7.0 Proというもの。
スマホより若干大きくて画面は見やすい。
さて、本体とSIMが先月初め、家に到着。早速設定するがどうもよく解らず。
IMGP1470a.jpg
再起動時にロック解除パスワードを求められる。
ところがそのパスワードをいついれたか記憶にない。いろいろいじくっている間に無意識に入れたのかまったく思い出せず。
結局、サポートに電話して初期化作業。まあ買ったばかりなのでデータは入っていないに等しかったのが幸い。
ドメインやらパスワードやらいくつも求められ、それを設定どおりに入れている筈なのに「間違っています」とか出て、パソコンやスマホの初期設定にはいつも悩まされる。
さて、やっと初期設定が終わり、LINEアプリをダウンロード。
しばらくするとこちらは何もしていないのに電話番号を知っている知り合いからアクセスがあったりしてびっくり。
暫くいじってみると成る程、これは便利かもしれぬ。
でもまったく知らない人まで「友達かも」というのが出て、まだよく解らない。
IMGP1472a.jpg
いずれにしろ、スマホでやることはLINEやツイッター、グーグルで検索する程度。
動画は一切見ないつもりでこのプランを導入したので一月1GBで事足りるだろうと思った。
ところが使用データ量をチェックしてみると、導入日になんと550MB使っているという表示が!
そんなばかな!
動画など見てもいないし、大容量のデータなどダウンロードもアップロードもした覚えがない。
にも拘らず550MBのデータ量なんて。
初日だったからとにかくいろいろ設定のために弄繰り回していたので、何か無意識に大容量のデータにアクセスしたのかもしぬが、それにしても550MBなんてパソコンだってそんな容量をダウンロードしたりアップしたりすることは稀。
いったい何だったのだ?
二日目にはさすがに落ち着いて70MB位に落ちたがそれでも想定より使うデータ量が大きすぎ。
せいぜい、ツイッターとLINEしかやっていないのに。
でも時々ツイッターで動画がアップされているものがあってそれがデータ量を食っているのかも。
これでは1週間も持たずに制限容量データ1GBを超えてしまう。
そこで、携帯電話網を使わないようにするためwi-fiルーターを買ってくる。5000円の出費追加は痛い。
しかしこれなら家にいる限り、毎月分のデータを食わない。
悪戦苦闘してなんとか家に無線LANを構築してwi-fiでアクセス出来るようになる。
また設定で動画はwi-fi環境時のみとしてデータ量を節約するようにした。
これで少なくとも最初のときよりは常識的なデータ量に落ち着く。
とにかく、スマホには一ヶ月500円以上は払いたくない。
3万円かけて端末を買ったのだから大出費。月の支払いは何としても500円以下を死守したい。
なので、暫くはWi-Fi環境のない屋外では電源を落としておくことにした。
これでは何のためのモバイルか解らないが・・。

スポンサーサイト

綾波レイバージョンのペンタックスQ10

カメラ他デジタル機器
02 /20 2015
長年愛用してきたコンデジ、クールピクス4300(最初は2003年に購入した885を使っていたが酷使しガタがきたため、仕様が似ている4300を中古で購入した)だったが、魚眼コンバージョンレンズを取り付ける専用アダプターチューブのねじ切りが撮影中の脱装着繰り返しで馬鹿になってしまい、魚眼撮影が困難に。
もう製造中止から10年近く経っているので、アダプターは何処にも売ってはいまい。ネットで探しても中古すらみつからない。1300円程度のアダプターチューブが磨り減っただけで、コンデジ魚眼撮影が出来なくなるとはもったいない。
仕方なく、2年前位に衝動買いして箪笥の肥やしになっていたペンタックスQ10を引っ張り出す。それもエヴァバージョンレイタイプ。とんだ散財だった。
しかし、いい加減、使ってやらないと撥が当たる。
エヴァ携帯も、このエヴァQ10も寝かせておいたところで電子精密機械だから遅かれ早かれ陳腐化し朽ちるだけ。使い倒してこそ、愛着が湧くというものだ。
このQ10はミラーレス一眼レフ。コンパクトながらレンズを変えられる。標準ズームがセットになっている。
これにサードパーティーの魚眼コンバージョンレンズを装着して使用する。純正の魚眼レンズもあるのだが、いちいちレンズ交換したくない。
デジタル一眼レフはレンズ交換時に埃が受像部に付いてしまい、全ての撮影画像に写りこむ。
これが本当に困る。根本的な解決は構造上難しいので、デジタル一眼があるにも拘わらず、結局コンデジばかり使うようになった。
だからこのQ10も標準ズームつけっぱなしで魚眼コンバージョンを付け外しするパターンで使うしかない。
さて、このエヴァヴァージョンがノーマルタイプと違うところは、外観においては特別な彩色とネルフマークなどがプリントされている位か。
あと起動時にディスプレーにネルフマークが浮かび出る。
それからパッケージがエヴァ仕様。
DSCN0406a.jpg DSCN0408a.jpg DSCN0409a.jpg DSCN0407a.jpg DSCN0404a.jpg DSCN0412a.jpg DSCN0413a.jpg DSCN0410a.jpg DSCN0418a.jpg DSCN0417a.jpg DSCN0424a.jpg DSCN0423a.jpg
2年前の購入時に一度だけ起動させたのみ。メディアも入っていないからまだ試し撮りすらしていない。
これからは、このカメラで作画資料の写真を撮っていくことになろうか。

ペンタックスQ10というカメラ

カメラ他デジタル機器
02 /19 2013
何となく立ち寄ったカメラ店で気になったミラーレス一眼レフを見つける。
ペンタックスQ10だ。
テレビCMが記憶に残っていた製品。しかし実物をじっくり見たのは初めて。

20年位前より魚眼コンバーターレンズを35mm一眼レフやコンデジに装着して作画素材撮影に使ってきた。
簡易的なコンバージョンレンズなので画像周辺はケラレてお世辞にもシャープな撮像は得られない。
とはいえ本格的な魚眼レンズはコストパフォーマンスに劣る。カメラ本体よりも高いのはざらである。
もっともLサイズ程度にプリントする位なら気にならないレベルだし、基本作画素材として撮っている訳で多少の荒さはどうでもよい。
現在は2003年当時発売されたコンデジ、ニコンのクールピクス4300に装着して騙し騙し使っている。
以前はクールピクス885を使っていたが流石にガタが来てしまい、一昨年新しいコンデジを導入しようと量販店で物色してみた。
ところが最近のコンデジはフィルター螺旋が切っておらずコンバージョンレンズが使えないものばかり。
仕方なく中古カメラ店で格安で売られていたクールピクス4300を買い、今に至る。
もう10年以上前のコンデジなのでいつ故障するかわからず、当然修理も効かない。
一眼レフのほうは30年前よりペンタックスを使い続けており、デジタル一眼レフもペンタックスK100に28~200mmのズームレンズを装着しているが、殆ど使わない。
航空祭や人物ポートレートなど望遠での高速シャッター、ぼかしを生かした撮影の時以外は、殆ど役に立たないからだ。
一般の風景写真に限ればコンデジで十分。
特に超広角、フィッシュアイ撮影をデジタル一眼レフでやろうとすると途方もなくコストパフォーマンスが悪い。
先に述べたように一眼用魚眼レンズは吃驚するほど高い。それにそんな高解像度の写真を必要としている訳でもないのでオーバースペック。
データ量も増えるので扱いにくい。
更にはデジタル一眼最大の欠点である受像素子に付着するゴミがやっかい。
レンズ交換時に混入し、一度付着すると全ての撮影画像に映りこんでしまう。
いちいちフォトショップで修正する手間を考えるとデジタル一眼レフの使い勝手の悪さは尋常ではない。

さて、このペンタックスQ10は、今流行のミラーレス一眼レフだ。
スペックはコンデジ並だがレンズが交換出来る。
このような機種はこれまでにもあったが、交換レンズのなかにフィッシュアイがあるのが特色。
それも従来の一眼レフ用魚眼レンズに比べ、一桁近く安い。
これは何だか使えそうな気がする。
もっともこのレンズはオートフォーカスが効かず、絞りも固定。マニュアルでピント合わせしなければならない。
今、自分が使っているクールピクス4300にはコンバーターレンズのセレクト欄に「フィッシュアイレンズ」があり、それを選択すると魚眼撮影に最適な撮影条件でシャッターを切れる。
だが、このQ10にはそのような機能はあるのだろうか?
撮影の際に手動でピント合わせを調整するのは現実的ではない。また標準撮影をしたい時にレンズ交換となると、ゴミ混入の危険性も付き纏う。
それを考えると、標準ズームに従来の魚眼コンバーターレンズを装着して、これまでと同様の使い方をしたほうが効率的だ。AFも使えるし、レンズ全てを交換する必要もない。
そのための製品もサードパーティーから出ている。またフィルター径変換アダプターリンクもあるようなので自分が今使っている魚眼コンバーターレンズの流用も可能だ。
コンパクト性を求めれば専用の魚眼交換レンズがいい。コンバーターレンズは嵩張るし重い。
但しレンズ交換の煩雑さとMFによる歩留まりの悪さ、ゴミ混入の危険性は高い。
このあたりは悩むところだろう。

このペンタックスQ10の実売価格は標準ズームレンズ込みで3万円台後半から4万円台前半か。
本体と魚眼レンズだけならばもう少し安くなるか。もっともそれだと魚眼専用カメラになってしまうが。
実機を垣間見ると欲しくなる気持ちが湧いてくるが、喫緊に必要に迫られていないのに今カメラに予算を割くほどの余裕もない。
暫くは様子を見ようかと思案中だ。

因みにこのカメラには特別仕様限定でEVAバージョンが1月末より発表されているとか。
もう予約完売との報もあるが如何なものだろう。

「レイ」バージョンは色合いが良い感じもするが、EVAブランドがなかったら総じて「トイカメラ」の印象を濃くしている。
価格は6万円近い。
以前10万近く出して購入したEVA携帯をたまに使っているが、敢えてまた大枚を叩いて「NERV官製品」(?)を入手する気持ちには程遠い。

コンパクトデジカメを物色

カメラ他デジタル機器
09 /18 2011
2003年に購入し、作画資料撮影等に活用してきたコンパクトデジカメ「ニコンクールピクス885」。しかし8年も使っていると流石にガタが来た。
ストラップの金具が摩擦で擦り切れ、電池出し入れ口も破損、ズームも効かなくなり時々システムエラーが出て撮影が出来なくなる。
すでに販売終了からかなり経っており、修理保障期間も過ぎている。
よって修理は不可。
仕方がないので新しいコンパクトデジカメを家電量販店で物色する。
必須用件はコンバージョンレンズが使える事。
「クールピクス885」にはコンバージョンレンズ装着用のネジが切ってあり、そこにビデオ用の安価な魚眼フィルターを装着して活用してきた。このフィルターはなんとしても継承したい。
ところがコンパクトデジカメ売り場に行ってもコンバージョンレンズが使える機種が全然見つからない。
店員に尋ねてみたりしたがよく解らないらしく埒が明かない。
結局、安いタイプのコンパクトデジカメでこのコンバージョンレンズを使うのは不可能らしかった。
高価なハイエンドコンパクトデジカメなら装着可能な機種もあるようだが予算が許さない。
もっともこの「クールピクス885」も当時は実勢価格5万~8万円クラスのハイエンド機(メーカー希望小売価格 は税別で92000円!)だった訳で、そもそもコンバージョンレンズを使うためにはそれ位の出費が不可欠なわけだ。しかし時代も変わっているのだからもっと安く手に入っても良さそうだと予想していたが考えが甘かった。
売り場を回ってみるとオリンパスのパンシリーズというミラーレスコンパクト一眼レフデジカメなら3万円台でコンバージョンレンズが使えそうだった。
しかしもう一眼レフデジカメは持っているし、これ以上別メーカーのシステムを増やしたいとは思わぬ。
因みに一眼レフデジカメは重くて嵩張り、その上、レンズ交換の際にCCDにゴミが付きやすく、正直実用性に欠けている。なので航空ショーなど特殊な事例を除いてほとんど使っていない。
結局、新品は諦め、中古カメラ店に移動し、使えそうなカメラを物色する。
すると同じクールピクスシリーズの4300というデジカメが中古価格2800円で売っていた。
2003年頃発売で885と殆ど同じ時代の製品だ。
操作系も変わらないので結局これを購入することに。
保証も付いていないが取りあえず使えればよいということで納得。
400万画素は885とおそらく大差ない。しかしこれで十分。これ以上画素数が増えてもオーバースペックで逆にパソコンの容量を食ったりして使い勝手が悪い。8年間デジカメ使って1度たりともA4サイズに延ばす必要を感じた事がないのでこれでいいのだ。
8年前の中古品を買っても新鮮味はなく面白くもなんともないが仕方あるまい。
とにかく撮れればよいのだ。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。