FC2ブログ

コミックマーケット96(3日目)お疲れさまでした

同人イベント
08 /12 2019
コミックマーケット96(3日目)お疲れ様でした。
この暑さの中、当サークルスペースにお越し頂いた紳士、淑女各位に御礼申し上げる。

猛暑が続く11日。
来年のオリンピックを控えて東館が使えなくなった今回のコミケット。
配置場所もルールも従来とはかなり違うため、何が起こるか判らず、念のため今回は比較的早めに会場入りする。
ビッグサイトに到着したのは午前8時前。
サークル入場は特段滞ることなく西4の自分のスペースに辿りつく事が出来た。
今回はサークルチケットと引き換えにリストバンドを渡される。
一般参加も「有料」になった事の対応なのだろうか?
西4ホールは普段なら企業ブースが入っていたと記憶する場所。多分サークルスペースとしては初めてかもしれない。
午前10時、いつものように開幕。
冷房があまり効かないのか、暑い。晴海の頃を思い出す。
結構、欧米系のコスプレイヤーも目に付く。
ドイツアフリカ軍団のコスプレをした米国人?カップルが「ガルパン本」を手に取って、何やら感想を言い合っていた。
女性の方はコミケ2回目の参加で、男性は初参加だとか。
他にも何人かの欧米系一般参加者の方が立ち寄られ、興味深そうに本を捲っていた。
必ずしも本を買って戴けた訳ではないが・・(笑)。
さて、午前中は人は多いものの、全体的に頒布数は伸びず。
いつもはピークになる11時半を回っても状況は変わらず。
なぜか御馴染みの一般参加者の方の姿が少ない。
暑いので皆、来場を控えているのかと思っていたが、どうやらそうではないらしかった。
やっと正午を回り、13時近くになって頒布数が復調。
聞く所によると入場するまでが大変だったらしい。
西1・2ホールは身動き取れないほどの混雑だったとか。
西4ホールに辿り着く前に体力を使い果たしてしまった方も。
今回は自分のスペースから殆ど動かず、間接的に話を聞いただけであったが、やはり東館が使えない影響は大きかったようだ。
不手際も重なって一般入場の待機列が大変なことになっていたらしい。
SNSなどでその顛末など読むと、「陸の孤島」で有名な百里基地航空祭の阿鼻叫喚を髣髴とさせる。
朝9時に最寄り駅を出たバスが会場に着いたのは15時。すでにイベント終了ということがあった。
普段なら30分位の距離が6時間かかったのだ。
想定を超えた来場者が限られた入場口に集中すると破滅的渋滞を引き起こしてしまう典型。
更に復路のバスのルートもばらばらで、後から出た便のほうが先に駅に着いてしまう例も。
手際を誤るとにっちもさっちもいかなくなる。

コミケットの理念としては来場者すべてが「参加者」。「客」という概念はない。
しかし、今回、一般参加者も原則「有料」としたことで、そのバランスがやや崩れてしまったところに、このトラブルだから困惑する声も大きい。
いずれにせよ、東館が使えないというハンデを背負った中での開催だったから、スタッフも一般参加者も暗中模索状態だったことは確か。
大きな事故に到らなくて幸いだったが、この猛暑下、自己管理を万全にして挑むに越したことはない。
再来週は青海会場でコミティアがある。
暑さ対策は怠りなく。

コミックマーケット96等8月イベント頒布情報ご案内

同人イベント
08 /06 2019
コミックマーケット96新刊御案内
●新刊その1
誌名/「安比奈乙女通信隊記」
ジャンル/オリジナル
サイズ/A5
総ページ/34P
頒布予定価格/500円
頒布スペース/11日日曜日西4ホール「F」06a「あびゅうきょ」
内容/架空の戦後日本。
利根川を境として、北は共産主義政権の「日本人民共和国」、南は諸国の皇室が連合した「日本皇国連邦」として分断された世界。
皇国連邦に所属する入間皇国最北端、北との非武装地帯に隣接する一角に安比奈宮と呼称される聖域があった。
入間川南岸に位置し、太古から賽の河原として聖域化されてきた場所。
近代になると安比奈宮まで専用線が開通、彼岸となれば大量の死者を火葬し、弔い人が参拝する大斎場として賑わった。
生者と死者が交錯する安比奈宮。いつしかここに到れば永遠の花嫁が待っているという都市伝説が生まれ、恵まれない独身男性が生きて火葬を望む迷信『死嫁婚』まで勃興した。
しかし、半世紀前に起こった国境紛争でこの安比奈宮は酷く破壊された。
この紛争以降、安比奈一帯は不発弾や地雷原が放置されたまま、一切の人の立ち入りが禁じられてしまった。
こうして安比奈宮は荒廃し、弔いの儀も途絶えたまま、死者の亡霊が彷徨う荒野と化し、人々の記憶から遠ざけられていった。
それから四半世紀余。
戦後75年を経て連邦の元号が「阿久」と改まった2020年初夏。
突然、この「忘れられた聖地」に召集された入間皇国陸軍予備役の少女達が派遣されることになった。
だが彼女達にその本当の目的は知らされていない。
安比奈乙女表紙版下aaa
安比奈乙女05版下aa 安比奈乙女06版下aa 安比奈乙女07版下aa 安比奈乙女08版下aa

●新刊その2
誌名/「府中ちほー」
ジャンル/けものフレンズ、ケムリクサ
サイズ/A5
総ページ/18P
頒布予定価格/400円
内容/SNSやコピー誌等で発表したアニメ『けものフレンズ』、『ケムリクサ』のファンアート、2次創作イラストをまとめて収録。
府中ちほー表紙版下aa 府中ちほー06頁版下aa 府中ちほー07頁版下aa 府中ちほー14頁版下aa

その他
新刊「マンガ論争21」にコラム「あびゅうきょ妄言通信出張編」連載中
頒布スペース/「マンガ論争」頒布スペース
他、『漫画の手帖』各号にコラム「あびゅうきょ妄言通信」連載中

頒布スペースは、いずれも東京ビッグサイト
●コミックマーケット96
8月11日西4ホール「F」06a「あびゅうきょ」
●コミティア129
8月25日青海展示棟「に」06a「あびゅうきょ工房」
●ハムフェア
8月31日~9月1日南3・4ホールC-059


よろしくお願いいたします。

コミティア128お疲れ様でした

同人イベント
05 /13 2019
コミティア128にサークル参加。
例年ならゴールデンウイーク中に開催されるのだが、なぜか12日に。
結局、今年のGWは10連休にも拘らずサークル参加同人イベントがなく、いまひとつ充実感が得られぬまま終わってしまった。
さて、今回のコミティアは東京ビッグサイトのオリンピック会場都合に伴い、青海展示棟A.Bホールでの開催。
最寄り駅はりんかい線「東京テレポート」。
普段と場所が違うので戸惑う。コミティアがビッグサイト以外で開催されるのは流通センター以来か?
この青海棟は如何にも臨時の施設という造りで、換気ダクトも剥き出し。売店もトイレも少なく、ビックサイト本館と比べ、使いづらい。
利点といえば、りんかい線駅から近いこと位か。
今回のコミティアですらトイレが混み合っていたので、コミケの時はどうなるのか不安。
されはさておき、今回も『漫画の手帖』藤本さんや『マンガ論争』永山編集長から新刊を頂く等、お世話になりました。
また当スペースにお越し頂きました一般参加者の方々にもこの場を借りて御礼申し上げます。
やはり、普段のGW開催と比べて、やや気分的にテンションが上がらなかったが、なんとか無事に今回のコミティアも終了。
5月のコミティアが終われば、いよいよ夏に向けての新刊原稿執筆期間が始まる。
己に一層奮励努力を喚起し、突撃したい。

「パンツァガールズ!16」サークル参加告知

同人イベント
03 /30 2019
明日31日、大田区産業プラザpioで開催される「パンツァガールズ!16」にサークル参加します。
スペースは「戦車02」。
ガルパン2次創作「Battle of ZOUHAN YUURI4」他を頒布予定。
間に合えば「ケムリクサ」落書きコピー本も頒布します。
よろしくお願いします。

コミティア127お疲れ様でした。

同人イベント
02 /18 2019
コミティア127お疲れ様でした。
今回はひたすらに寒かった。
会場は西ホール。
自分のサークル配置場所は西1ホールの奥まったところ。
お昼過ぎまで外側シャッターとその向かい側両方が開いたままで、冷気が否応なしに入ってくる。
BGMでかかっていた『アナと雪の女王』のフレーズ「少しも寒くないわ」が皮肉に聞こえる。
カイロも持参しなかったため、マフラーを首周りに巻きつけて身体を擦りつつ、ひたすら耐える。
まるでスターリングラードで包囲されたドイツ第6軍の気分(かなり大袈裟)。
慣れなかった午前中は特にしんどく、もう早退しようかとまで思った。
新刊もなかったため、頒布数も伸びず。
しかし、ここでの「撤退命令」は己の闘争本能が許さなかった。
同人イベントの神から「最後の一冊まで頒布せよ!」との命令が下る。
やっと閉会1時間くらい前になって、急に盛況となり、なんとか搬入分が捌けた。
コミティアは基本的に11時から16時閉会まで全時間会場に留まり、頒布を続ける。
途中で帰ったら勿体無い。
スペース代も安くはないのだ。
だから最後の1秒まで頒布機会は逃せない。
しかし普段なら15時を過ぎたらもう、皆帰り支度でまったく売れないケースも多いので今回は特異だった。
まさに「ダンケルクの奇跡」である。
この寒い中、本を手にしていただくために遥々スペースまで訪れて頂き、感謝の極みである。
一方いつものことながら、単純なつり銭計算に戸惑う。
どうにも困ったものだ。
更に今回から会場での次回申し込みが出来なくなった。
これまで、ほぼ皆勤賞のコミティア。しかし後日申し込みはうっかりすると失念する可能性も。
負担が増えた。
IMG_20190217_153736aa.jpg
閉会後、外は快晴。西1ホールは天井に明かり取りがないので天気が解らない。
冬晴れの夕景に月が映える。
観覧車をバックに陽が沈む。
IMG_20190217_171055aa.jpg
思えばこれが平成最後のコミティアか?
5月は新元号での開催だ。


あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/