FC2ブログ

コミティア125お疲れ様でした

同人イベント
08 /21 2018
遅ればせながらコミティア125お疲れ様でした。
乾燥した涼しい空気が入ったため、一時の酷暑に比べれば凌ぎやすい気候に。
結局、咳は治らず先週のコミケに続いてマスク着用で参加。
今回は一人参加だったのでずっと自分のスペースで過ごす。
8月2週続けての同人誌イベントは体力的にきつくなってきたこの頃。
あと、吃驚したのは今年いっぱいでコミティア次回申し込みの会場受付が終了してしまうこと。
イベント開催時に次回申し込みが出来てしまうこのシステムは大変重宝していたので残念すぎる。
一度、郵便事故(まだ郵便小為替時代、コミティア事務局のポストから多数の申し込み封筒が盗難される)に巻き込まれて参加できなかった経験もあり、以来ずっと会場で次回申し込みをしてきた。
これがなくなると、コミケ同様に後日改めて郵便局に行って、イベント費支払いと書類郵送しなければならず、かなりの負担。
締め切り忘れて申し込みをし損ねる恐れもある。
コミケの宅配手数料が5倍になった件も含め、何だか同人誌イベント維持に暗雲が立ち込めてきた感じ。
人手不足が原因かどうかは解らぬが、これは同人誌イベントに限らず、日本中のあらいる分野で様々なサービスが立ち行かなくなる予兆かもしれない。
高度成長期のような時代の人手不足はまだ未来に希望が持てるが、人口減少衰退期の人手不足は、先細りしかない。
一度なくなったサービスは2度と復活することがなく、更なる衰退を呼ぶだけ。
どこかで読んだが、この日本衰退の原因はビッグデータによると40代男子が未婚のまま子を作らないことにあるという。
ビッグデータに頼るまでもなく、こんな当たり前な危機的状況に何一つ対処してこなかったことこそが問題。
にも拘らず、マスコミは何を呑気に「お一人様万歳」なんて宣伝文句を未だに垂れ流しているのか。

帰り、某ファミレスで夕食。ワインをオーダーすると、なんと容器がプラスティック。
いくらリーズナブルとはいえ、ワインを洗面台にあるような口を濯ぐカップで出す気が知れない。
これは全店共通なのか?
それとも同じ系列でも店によって違うのだろうか?
いずれにしろ、プラスティック容器では飲んだ気がしなかった。
これも人手不足が要因なのだろうか。
否。
人手不足だろうと人員余剰だろうと、最近の日本はありとあらゆる事が右肩下がり。
もうどうしようもないところまで来ているのだろう。
何だか暗澹たる気持ちにさせる8月半ばのイベント帰りであった。

コミックマーケット94お疲れ様でした

同人イベント
08 /14 2018
コミックマーケット94お疲れ様でした。
当スペースにお越しいただきました参加者の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
今回のサークル参加は3日目、西ホール。
朝は日差しが影って多少は凌げる気温。とはいえこの夏は連日の猛暑。多少気温が下がっても身体に堪える。
西に配置されると、ややテンションが下がる。メインの東ホールと分断されるので中小のイベントと変わらない雰囲気。
訪れる参加者も東に比べ少なく、頒布数も伸びない。
更に今回はめったに罹らない夏風邪まで引いてしまい、咳が止まらず、マスクをしての接客になってしまった。
体調不良も重なって心身ともにいっぱいいっぱいで終日過ごさざるを得なかったのは残念。
今年は1月から2月に掛けてPV撮影時にも風邪を引いて満足な立会いが出来なかった。
まさか夏のコミケ時に同様な風邪に罹ってしまうとは思いも寄らず。
どうにも今年は健康運がよくない。それとも加齢のために一気に体力低下しているのか?
いずれにしろ、この猛暑が影響しているのは間違いない。
今月は、まだイベントが目白押し。
とにかく、この忌まわしい咳が収まることを祈るだけである。

コミックマーケット94、及びコミティア25、ハムフェアー2018、あびゅうきょ刊行物頒布ご案内

同人イベント
08 /06 2018
この8月は、毎週末、東京ビッグサイトの各イベントでサークル参加いたします。
猛暑が続きますが、ご都合がつけば是非ともご来場いただければ幸いです。
12日/コミックマーケット94
19日/コミティア25
25~26日/ハムフェア2018


○コミックマーケット94新刊御案内
『LOVE RADIO 3』
オリジナル同人誌。
サイズ/A5
総ページ/40P
頒布予定価格/500円
ラジオやアマ無線に纏わるコミック、イラスト集第3弾。
●書き下ろし新作『大和田通信所幻影少女』
埼玉県新座市にある在日米軍大和田送信所に派遣された謎の少女傍受部隊の追憶と幻想。
LR3表紙版下aa LR3-06頁版下aa LR3-07頁版下aa LR3-13頁版下aa LR3-18頁版下aa

●『標準電波局』
1986年発行「プチアップルパイ」に掲載された鉛筆画ディストピアBCL作品を33年ぶりに再録。
LR3-21頁版下aa LR3-23_24頁aa版下 LR3-29_30頁aa版下


○イベント別の頒布スペース
●コミックマーケット94
8月12日、コミケ3日目日曜日、東京ビッグサイト西1地区、ゆ26a あびゅうきょ
●コミティア25
8月19日、東京ビッグサイト東2・3 W25aあびゅうきょ工房
●ハムフェア2018
8月25~26日、東京ビッグサイト西ホール、Cー064秋葉原BCLクラブ


8月12日のコミケットでは既刊の「ガルパン」、「けもふれ」本も頒布予定。
その他
新刊「マンガ論争」にコラム「あびゅうきょ妄言通信出張編」連載中
頒布スペース/「マンガ論争」頒布スペース

『漫画の手帖』各号にコラム「あびゅうきょ妄言通信」連載中

またキンドルでは、あびゅうきょ商業作品『影男煉獄シリーズ』絶賛販売中です。
よろしくお願いいたします。

コミティア124、及び「ぱんつあー☆ふぉー15」イベント参加お疲れ様でした

同人イベント
05 /08 2018
コミティア124、及び「ぱんつあー☆ふぉー15」イベント参加お疲れ様でした。
GW終盤の5、6日に連続しての東京ビッグサイト同人イベントにサークル参加。
今回は『晴れた日に絶望が見える』PVフライヤーと新刊コピー誌を頒布。好天にも恵まれてイベント会場は両日とも盛況だった。
初夏並みの気温で暑いほど。
一般参加者は最近、男女とも小奇麗でお洒落。
「ヲタク」=地味、不潔という概念は次第に過去のものとなりつつあることを実感。
それはさておき、コミティアでは、マンガ論争新刊と「漫画の手帖」新刊に『晴れた日に絶望が見える』PVとキンドル版の告知を入れていただいた。
この場を借りて「マンガ論争」永山薫氏と「漫画の手帖」藤本孝人氏には御礼申し上げる。
「ぱんつあー☆ふぉー15」では、ガルパン2次創作本「Battle of ZOUHAN YUURI」シリーズが好評で在庫切れになってしまった1,2巻再販のご要望も多く、検討してみたい。
夏に向けて新刊はどうするか?
ラジオ関連本や「Battle of ZOUHAN YUURI」シリーズ続編、あるいはミリタリーオリジナル作品等、諸々選考中。
確かに2次創作は頒布数が見込めるが、同人活動の重心は基本オリジナルに置きたいので悩むところでもある。

コミティア123お疲れ様でした

同人イベント
02 /13 2018
遅ればせながら11日のコミティア123お疲れ様でした。
2月からずっと体調不良がつついて、この日も万全ではなかったが、何とか終日サークル参加に努める。
久しぶりの西館であったが、駅からの入場を考えると東館より近くて楽。東館は入場ゲートにもよるが西館より倍近く歩かねばならないのでしんどい。
とにかく、ずっと風邪が続き、原稿等のモチベーションも上がらず、食欲もなかったため、半分寝たきり状態。
とはいえ、何もしないとますます体調不良に輪をかけるので、せめてコミティアにはPV告知のペーパーを作って持っていくことに。
敢えてシンプル直感でイラストも描いてみる。
晴れ絶望PVチラシ版下1802
それにしても、還暦が近づく年齢になると、普通の風邪も若い頃とは違って、しんどさが増してくる。
これまでは当たり前のように存在した有形無形の頼れる支えとなるものが失われ、自分で自分をフォローしなくてはならなくなる。
そうすると「体力」のない者は、ちょっとした風邪、怪我などで立ち直る機会を喪失し、あっという間に現世から落伍していく。
特に経済力のない、孤独な独身男性はそうだ。
いつの間にか姿を見なくなった独身男性というのは、こうして人知れず孤独に風邪を拗らせて死んでいくのだろう。
長生きするには如何にリアル世界で頼れる人間関係を維持していくかその秘訣。
バーチャルやネットの中だけ結びついていても、健康維持には殆ど役に立たない。

ピョンチャンオリンピックが始まった。
冬季オリンピックが始まる度に、1972年の札幌オリンピックのテーマ曲『虹と雪のバラード』が蘇ってくる。
この時、自分はまだ14歳。中学生でやっとスポーツに対する感動とかが解り始めた年齢。
70m級ジャンプで笠谷、青地、今野が表彰台独占にフィギュアのジャネットリンとか、今でも鮮明に覚えている。
一方で1998年の長野オリンピックの記憶は余り残っていない。誰がメダルを取ったのかも忘れている。やはり記憶に刻まれる物事は10~20代に限られるのだ。  
札幌オリンピックから46年・・。
『虹と雪のバラード』のカセットテープはまだ健在で、それを聞き直しながら、物思いに耽る。
「空が残る。真っ青な空が・・。あれは夢?、力?、それとも恋」
もはやこの歌詞を享受する若き時代は遙かに過ぎてしまった。
老い朽ちるだけの独身還暦男性に「夢、力、恋」は虚しく響く。
少年老い易く、学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/