コミティア121お疲れ様でした

同人イベント
08 /22 2017
コミティア121お疲れ様でした。
コミケからわずか1週間後の開催ということで、まだ疲労感というかそんなものが残ったまま東京ビッグサイトへ。
この日もぱっとしない天候。気温も夏らしくない。湿度だけ高く、不快指数はあまり変わらぬ。
コミケの時も「濃厚な」サークル配置だったが、今回のコミティアもかなり熱い。スペース内部から見て右隣があわたけ先生。
晴海の頃から、時折お隣に配置されるお馴染みのサークル。
今回はオリジナル新刊があったので印刷所から直接搬入。一方、自宅からの直接搬入する既刊本は極力減らした。
実はこの日、東富士演習場で総合火力演習の夜間予行があって、ある方からそのチケットを譲っていただいていたのだ。
総合火力演習チケット1708a
昼間の演習は何回か見学したことがあるが、夜間演習は初めて。
興味深い作画資料が撮れそうだと期待を膨らませ、同人イベント備品に加えて一眼レフカメラや三脚でいっぱいの重いリュックを背負ってビッグサイトまで赴かねばならなかったので、その分直接搬入分が少なくなった。
19時半からの夜間演習に間に合わすため、14時にはスペースを売り子さんに任せ、コミティアから退場の予定を組む。
兎に角、ここから東富士演習場は遠い。
ところが昼過ぎ、現地から連絡が入って夜間演習中止の報。
理由は天候悪化だとか。
何とも惜しい。
とはいえ、このまま御殿場に向かったところで何もやっていない演習場に佇むだけ。
諦めざるを得ぬ。交通費が無駄にならなかっただけでも御の字か。
それにしても、この夏、天候不順は様々なイベントに影響を与える。
前日の多摩川花火大会も雷雨で中止。落雷で怪我人まで出た。
結局、コミティアには最後まで参加。
重い三脚などは在庫同人誌と共に宅配に。
だが、カメラはさすがに自分で持ち帰るしかない。
閉会後、ビッグサイトの外に出てみると、相変わらずの曇天。
重い荷物が肩に食い込む帰路であった。

コミックマーケット92お疲れ様

同人イベント
08 /15 2017
遅ればせながらコミックマーケット92お疲れ様でした。
蒸し暑い中、当スペースまで足を運んでいただいた紳士淑女の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
今回は諸々の事情でコミケ合わせ新刊執筆に入る時期がずれてしまい、準備期間が7月中旬からのわずか半月程度に。
それでもオリジナルと「けものフレンズ」本、プラスコピー誌を出すことが出来た。
この頃はSNSやピクシブを媒体として発表する作品が増えた結果、横長の絵が多く、縦長基本の同人誌サイズに合わせるのに難儀する。またカラー作品をグレースケールで印刷するので何だかもったいない。
オールカラー本も棄て難いが、本文もカラーにするには経費や締め切りの問題もあってなかなか手を出せない。
でもオールカラーの同人誌は特に珍しい訳でもなく、普通に頒布されているので、こちらも一層奮励努力する必要がある。
さて、サークル参加当日。
コピー本作成に手間取り、結局一睡もせずに徹夜に。
これはきつい。しかし気が張っているので何とかビッグサイトまで吶喊。
前日まで涼しかったが、13日最終日は蒸し暑さがぶり返していたので汗が噴出す。
りんかい線国際展示場駅前で「けものフレンズ」の団扇を配っていたので貰う。
スペースは前回と同じく、東7ホール。サークル入場ゲートから遠いので辿り着くだけでも体力消耗。
今回はいつもお世話になっているむらかわみちお先生のサークルとお隣に。
また反対側もかなりパワフルなサークルさんでその隣が永野のりこ先生のサークルスペース。
島スペースとはいえ、搬入量も多い濃厚なサークルが並ぶ。
前回はお隣のサークルが不参加だったのである程度動ける空間を確保出来たが、今回は搬入量の多い両隣サークルさんが先に設営完了した後にやや遅れてスペースに到着したから準備も大変。
ただでさえ狭いスペースに所狭しと同人誌や備品、ポスター立てがぎっしり置かれ、足の踏み場もなくなった。
結局椅子は縦に並べざるを得なくなる。
売り子さんが前で頒布し、自分は後方で待機という、何だか普段とは違う体制で挑むことに。
開場後、しばらくは閑散としていたが11時半過ぎからどっと人が増え始め、短いながら列が出来る時間帯も。
お蔭様で新刊頒布も順調に。
お近くだった永野のりこ先生とも御挨拶出来た。
実は永野先生とはデビューしたての1982年頃から執筆していた『プチアップルパイ』同期であったが、言葉を交わせたのは今回が初めて。
女性の方だとは思っていなかったので吃驚。
今回も「漫画の手帖」様の差し入れが有難い。「マンガ論争」永山氏にもお世話になった。
また、いつも来てくださるファンの方からの差し入れ、激励も感謝に耐えない。
お蔭様で睡魔に襲われることもなく殆どの時間帯自分のスペース内で過ごし、なんとか無事イベント貫徹することが出来た。
次は来週のコミティアで。
よろしくお願いします。

コミックマーケット92新刊御案内

同人イベント
08 /08 2017
コミックマーケット92新刊御案内
新刊御案内その1
『ジャパリパークアマチュア無線局』
ジャンル/けものフレンズ2次創作
サイズ/A5
総ページ/20P
頒布予定価格/400円
ゲスト/森野優樹
頒布スペース/13日日曜日東7ホール「こ」41a「あびゅうきょ」
ジャパリパークに存在した架空の無線局「8J6JAPARI」。ジャパリバスに満載されたアマ無線機とアンテナを駆使してフレンズ達がパークから消えたヒトとの交信に挑むという妄想イラスト集の薄い本。
ジャパリ表1-1708 ジャパリ表4-1708 ジャパリ04頁版下 ジャパリ03頁版下 ジャパリ05頁版下 ジャパリ09頁版下 ジャパリ08頁版下

新刊御案内その2
『LOVE RADIO 2』
オリジナル同人誌。
サイズ/A5
総ページ/42P
頒布予定価格/500円
ラジオやアマ無線に纏わるコミック、イラスト集。
1986年発行「プチアップルパイ」に掲載されたFM遠距離受信ストーリー『スポラディックメモリー』も再録。
LR2表紙版下 LR2-32頁版下 LR2-05頁版下 LR2-12頁版下 LR2-16頁版下
また既刊の「ガルパン」本も頒布予定。

その他
新刊「マンガ論争17」にコラム「あびゅうきょ妄言通信出張編」連載中
頒布スペース/「マンガ論争」頒布スペース

『漫画の手帖』各号にコラム「あびゅうきょ妄言通信」連載中

よろしくお願いいたします。

コミティア&ガルパンイベントお疲れ様でした

同人イベント
05 /10 2017
遅ればせながらGW中の同人誌イベントお疲れ様でした。
6日土曜日は東京ビッグサイトでのコミティアにサークル参加。特に新刊など用意しなかったのでまったりと過ごす。
併設のイベントも多く、ビッグサイト周辺は賑わっていた。
続いて7日は、引き続きビッグサイトでの「ガルパン」&「艦これ」オンリーイベント。2日続けてのビッグサイトサークル参加というのは稀有な経験。
こちらは新刊コピー誌もあったためか、大変盛況。この日は一人参加だったのでスケブ依頼もあって大童だった。
艦これやガルパンコスプレ女子がスペースの前を時々通り過ぎて、やはりコミティアとは趣が違う。
隣のサークルさんから本をいただいたのだが、これがかなり刺激になる。
忘れかけていた勢いのあるペンタッチというのを思い起こした。
絵は魂で描かねばならない。
とにもかくにも、コピー誌制作も含めてハードなGW後半であったが何とか乗り切った。
夏に向けて頑張る。

コミティア119お疲れ様でした

同人イベント
02 /12 2017
コミティア119お疲れ様でした。
快晴の冬晴れ。さすがに朝は寒い。
今回は新刊もなく、一人参加でずっとスペースに。2月コミティアにしては来場者が多い感じもする。
会場のシャッターが開くととてつもなく寒い。
14時過ぎに突然一つだけ直近のシャッターが開いて救急車らしき車両が入ってきた。
急患だろうか?その割には結構長い間、停車していたが。
あと気になったのは、バレンタインデー近くのコミティアというのに、視界に入った限りではチョコレートの受け渡しシーンが殆ど見られなかった事。以前は挨拶代わりにチョコが行き交ったものだが・・。
昨今は義理チョコどころか、本命チョコすら廃れたと聞く。
ハロウィンの盛り上がりと対照的だ。
それはさておき、今回もうっかりミス。
搬入した同人誌の中に一冊だけ書店委託用の店頭販売値札ラベルが貼られたのものが混入して、イベント表示値札と違う価格で頒布してしまった。購入された方は「?」と思ったことだろう。
気が付いた時には、すでに人波の中に去ったあと。
申し訳ない。
今回は一人参加だったので設営や撤収にも時間が掛かった。
同じような一人参加のサークルさんが近くに居て、親切にもこちらのチラシを一緒に処理して下さった。
ありがたい。
何事も助け合いである。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/