FC2ブログ

今年も阿佐ヶ谷七夕祭り

祭り
08 /07 2019
5月末からずっと自費出版原稿の日々。8月3日に入稿を終えてやっと一息つく。
鬱々とした梅雨寒がつづき、雨ばかりだったが梅雨が明けたらいきなり猛暑で体が追いつかない。
3日から恒例、阿佐ヶ谷の七夕祭りが始まった。
最終日の7日まで結局4日間通った。
IMGP9774aa.jpg IMGP9786aa.jpg IMGP9805aa.jpg IMGP9800aa.jpg

子供の頃は祭りなど好きではなく、地元にも拘らず七夕祭りもたまに行く程度だったのが、五十路を越えた辺りから行かずには済まなくなってきた。
昔は張りぼてや飾りを眺めるだけの祭りが、今は屋台が増えて、食べ歩きが主流になった。
個人商店も少なくなって、チェーン店が目立つようになってから久しい。「ねじめ」も閉店するという。
張りぼては大凡、メジャーなアニメや流行物がメインだが、いつごろからか、一箇所だけマニアックなアニメ作品キャラクターを展示するスポットが出来た。それもチープな出来ではなく、3D設計されクオリティーが高い。
今年は「ケムリクサ」のヒロインが釣り下がっていた。
浴衣姿の女性や家族連れに混じって、ただ人の流れに委ね、喧騒に身を任せる。
もはや楽しいのか、どうなのかも解らない。
いずれにしろ、心身ともに元気で居られる期間は、限られている。
そんな人生の地平線が見えてきたからこそ、若い頃はスルーしても気のもならなかったものが、今や貴重な日々の一つとなってきたのかもしれない。

ニュースでまたいろいろと流れてはいるが、外交にしろ、「表現の自由」云々にしろ、結局のところ、この二つの諺にすべて集約される気がする。
「貧すれば鈍す」
「金持ち喧嘩せず」
これは事ある毎に思うのだ。
心身、物質的に乏しくなれば余裕がなくなり、寛容性も失われ、いつしか「子供の喧嘩」レベルに堕ちていく。
いつまでたっても1950年代の価値観で「思考停止」している妾世襲と劣化紅衛兵が依存しあっている限り、ジリ貧で同じことの繰り返し。
一度全てをリセットし、その屍を苗床にした新たなる「存在」が発芽するのを待つしかなかろう。


2018年横田基地友好祭

祭り
09 /16 2018
季節は移ろい、気が付けば9月中旬。暑さがぶり返すこともあるが、もう流れとしては秋の気配。
「ハロウィン」のデコレーションが出現したら、もう夏は過去の追憶の彼方。
18時にはもう暗くなってしまう。
儚きぞ夏。
数年前から9月開催となった横田基地友好祭。
毎年のルーティンとして欠かせない横田詣。午後3時前に基地到着。
午前中はあいにくの雨で人出も少なく、いつもとはうって変わっての閑散とした第5ゲート。
IMGP608aa8.jpg
タイミングよく正式配備となったオスプレイも展示飛行を実施していた。
以前にも海兵隊仕様オスプレイは横田で展示されていたが、今回は空軍型。
沖縄に行ったときも飛行状態のオスプレイは目撃していなかったので今回が初めてか。
IMGP4791aa.jpg
IMGP4785aa.jpg
IMGP4792aa.jpg
雨が止んでも空は曇天。
こんな日はまともな写真は撮れない。
IMGP4857aa.jpg
IMGP4802aa.jpg
地上展示のオスプレイも盛況。機内も撮影可能。
IMGP6091aa.jpg
IMGP6100aa.jpg
IMGP6109aa.jpg
以前、海兵隊型を見学した時にも感じたのだが、配線がむき出しで、乗組員はその胎内に押し込められている感じ。
もはや人の乗る航空機ではない。オスプレイ自体がトランスフォーマーして戦闘ロボットに変形すればよいのだ。
オスプレイ以外にも、航空自衛隊のC2輸送機が初展示。
IMGP4804aa.jpg
IMGP6168aa.jpg
IMGP6197aa.jpg
IMGP6193aa.jpg
IMGP6202aa.jpg
C1より確かに大きそうだが、隣に米空軍のC5ギャラクシーが駐機してしまっては台無しだ。
あと、昨年に続き、横田に配備されている無人偵察機も展示されていた。
隊員の娘さんだろうか?可愛い売り子がいたので思わず部隊ワッペンを買ってしまった。
IMGP4820aa.jpg
更にはお馴染みの機種が並ぶ。
IMGP4854aa.jpg
IMGP6265aa.jpg
IMGP6291aa.jpg
一通り写真を撮った後、食事。
いつもの「色水」ことゲータレート。
IMGP6300aa.jpg
近年、エナジードリンク目当てに米軍基地祭りに赴く人も増えたとか。
やたら自販機に行列が出来ていると思ったら、これか。
IMGP6305aa.jpg

日本国内では販売していない品種もあって大量に買っている者も。
エナジードリンクなど飲んだことがないのでよく判らぬ。
服用すると目が冴えると聞いたので●●●●のようなものか?
一方で米軍基地祭には平成が終わろうとしている今も、パンパン風の婦女子が徘徊しているのは相変わらず。
これも風物詩として欠かせない。
あと、日本人の雇われ警備員風の男子も多く見受けられた。
拳銃をぶら下げていてかっこいい。
日本国内で日本男子がいつでもぶっ放せるスタンスでGUNを所持出来るのは米軍基地内で雇用される警備員位。
少年時代の夢や憧れも未だ進駐軍の敷地内に閉じ込められている。
今更、どうしようもないのだが。
19時頃、基地を後にする。

過ぎ行く桜の季節

祭り
04 /03 2018
一昨日の御苑。染井吉野はもう3割方散っていた。
それでも天候が良かったので桜吹雪が映える。
15時くらいまではずっと快晴。
もう新緑も目立ち始め、一気にゴールデンウイークの季節。先日、もう自宅で蚊に刺された。
フライング気味の初夏に戸惑う。
御苑スケッチ180401ab
今年の花見は個人、知人、そして例年やっている大学時代のOBとで計3回。
例年よりも少ない。
余りにも早い開花と満開、散りはじめでゆっくり構える事も出来ず。
一方、ずっと好天だったからいつ行っても「お花見日和」。
悪天に祟られることは無かったが、やはり早すぎる。

それにしても外国人花見客の多さは尋常ではない。花見シーズンの御苑は完全に「外国」である。
桜の下で飲食するという稀有な嗜みが、こんなに外国人に受ける理由が謎だ。
特定の国、人種、宗教圏に関係なく、ほぼ満遍なく万国に「花見」が急に人気になるなんて、俄かには信じられない。
「綺麗な桜の下には死体が埋まっている」と言われるが、やはり何か怪しげな妖気が漂っていることに外国人も気が付いたのか。

「自衛隊音楽まつり」初観賞

祭り
11 /25 2017
11月18日、知人から「自衛隊音楽まつり」の防衛大臣招待チケットを頂いたので、会場の武道館に赴く。
武道館は確か大学の卒業式以来、36年ぶりか。
「自衛隊音楽まつり」は想像していたものより、ずっと大規模だった。
入場するにも手荷物検査を受けた後、席まで列を作って誘導される。場内は満員。基本家族連れが目立つ。
午前10時より開幕。
演奏もパフォーマンスもプロ並み。
いや、軍楽隊はすでにプロか。ブラスバンドに疎いので比較対象することが出来ぬが、お金をとっても然るべきレベル。
動きも機敏で軍隊レベル・・。いや・・。自衛隊も軍隊だから当たり前か。
本当に「プロ」並で、これが「軍隊の一部」という意識がなくなってしまい、どうにも錯覚してしまう。
もっとも軍楽隊は音楽で士気を鼓舞するための専属部隊な訳で「アマチュア」ではないことを、改めて認識。
古の頃より、軍隊には「プロ」の軍楽隊がつきものであることをつい忘れてしまう。
曲目も『ゴジラ』や『新世紀エヴァンゲリオン』などサブカルっぽい選択でサービス精神も忘れない。
それにしても巧い人ばかりで音楽で食っていくために敢えて自衛隊に入った人も少なくないのでは?
スカウト活動なんかもあるのだろうか?
2時間じっくり堪能させていただいた。
IMGP6315a.jpg IMGP6306a.jpg IMGP6308a.jpg

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/