fc2ブログ

デジタル化は「泡沫の夢」

パソコン
06 /04 2010
マックのハードディスクが満杯になったのでいつものルーティン通りにMOにバックアップを取ろうと思い、ふと気が付いた。
「もうMOでのバックアップは無駄ではないか」
1999年に初めてマックを購入し、バックアップにはMOと外付けハードディスクでずっと対応してきた。
バックアップメディアでは最も信頼性がおけて日本での普及率も高いMOを使っていさえすれば長きに渡って大切なデータを保存続ける事が出来ると。
しかし、2010年の今、もうMOを積極的に記憶メディアとして使おうとしている人はあまり聞かない。
原稿の版下入稿とかではまだまだ主流のようだが、一般ではもう殆ど誰も使っていない。
わずか630MBしか入らないのに1枚500円以上するのではないか?結局量産されなかったから価格も下がらないまま。
メディアもドライブも何時まで生産し続けられるか判らない。
メディアの寿命よりもドライブや読み取り方式が廃れ、結局読み出すことが出来ない事態が迫っているようだ。マックでフォーマットされたMOはウインドウズでは読み取れないし汎用性にも乏しい。
記憶容量も少なく、コストパフォーマンスが悪くなったメディアはMOに限らず、フロッピーディスクも淘汰されようとしている。
あれほど「MO」を信頼し、数多のファイルを記憶させていったのにこのままではただのプラスティックの円盤だ。
確かレーザーディスクも同じような感覚で廃れていった。
「半永久的に鮮明な画像でお気に入りの作品を手元に置ける」という「信仰」のもとに買い集めたLDも今やジャケットを眺めて映像の記憶を反芻するだけ。
結局のところ、デジタルメディア(LDは正確にはデジタルではないようだ)という類の短命さから学習するにあたり、そういったものに下手にお金を掛けると結局馬鹿を見るということだろう。
カセットテープからMDやDATに楽曲データを移行して、カセットを捨ててしまった人も多かろうが、結局、生き残ったのはカセットのほうでMD、DATを再生しようにもドライブがなくなってしまう時代が来る。
ハイビジョン映像で記録された貴重な記録や数々の「最新デジタルメディア」に残されたあらいる「文化遺産」もいずれドライブがなくなるから再生が不能となる。
結局、マイクロフィルムやアナログテープ、35mmフィルムで記録しておいたほうが「長持ち」するという皮肉。
「デジタル信仰」に煽られて元のアナログメディアを破棄してしまい、再生できない「死んだデジタルメディア」の山だけが残るという時代が来るかもしれない。
現在、主流のCD-R,DVD-R,ブルーレイ、USBメモリーなどのスマートメディアもいずれは例外なくMOと同じ道を辿ろう。
ある意味、「デジタル化」は人類文化遺産の喪失を意味しているのかもしれない。
数年後ごとに更新される「最新デジタルメディア」にこの全部の「デジタルデータ」を移し代える労力と工程上に生ずるデータの劣化を考えるとデジタル化は次世代に文化を受け継ぐ手法としては決してベストとはいえない。
最近はネット上でデータをバックアップするオンラインストレージというのがあるらしいが、これも果たして万能なのか判らない。
メディアに頼ることはなくなるだろうが、ファイル形式などが時代遅れになって結局将来、読み込めなくなる可能性もある。
こうなるとデジタル化させたものを長きに渡って保存させておく行為自体が、もはや破綻しているのではないだろうか?
そんなものに大金を叩いて保存させても数年後には読み取れる方策がなくなってしまうのであれば、こんな馬鹿馬鹿しいことはない。
結局は新しい記録メディアを投入するIT企業の意のままに投資しつづけない限り「デジタルデータ」は継承出来えないのだろう。
ipadだって「新しい書籍のカタチ」と持て囃されているが、所詮持っても5年だろう。
「紙に変わる新たな書籍のビジネスモデル」などという「信仰」は胡散臭い。速まって「紙」の書籍ビジネスを放棄し、ipad形式にすべて更新したところであっという間に廃れるから大損である。
所詮デジタルには質量がない。
価値があるのはそのプラットホームであって、そのプラットホームが刷新されるごとにフォーマットも最初から全部作り直さねばならない訳だ。
そんなことをしていたら本屋も出版社も利益どころの話ではない。新プラットホームごとに全部元から作り直しである。
「紙」で構成された元来の書籍フォーマットはもう何世紀にも渡って受け継がれており、出版社も本屋も読者もそのフォーマットを受け継いでいたから「安定したビジネスモデル」が確立した。
しかしipadみたいな「電子書籍」は数年毎にフォーマットが変わってしまうから将来を展望できる営業活動は保障されない。
また読者にとっても新しいプラットホームではもはや書籍を読み返す事すら出来ない。新方式になる度に新たに購入を強いられる。
「紙」の本を裁断してデータ化する人が居るが危険だ。本来の書籍ならいつでも読み返せるが、データ化したらそのリーダーが壊れたらおわり。データーを新しいリーダーに取り込めるとは限らないし、取り込めるとしてもお金と労力を強いられよう。
ipadも数年経ったら3DOやVHDのようになっているかもしれない。
結局、儲かるのは電子書籍プラットフォームを更新し続けるIT企業のみだ。
それを知ってかアップルなどはipadで配信する「電子書籍」に制限をつけて検閲まがいの事まで始めているという。
伊集院光もラジオで危惧していたな。
結局のところ、「電子書籍化」というのは世界の文化、芸術、風俗すべてを、増長するIT企業に委ねてしまうという危険性があるのだ。
すべてがデジタル化され、その閲覧が限られたIT企業の開発したプラットフォームのみでしか見られなくなったとしたら、ある意味恐ろしい。
デジタルに疎い一般の人も薄々この事に気が付き始めている。
デジタル化というのは、雲をを掴むような話で、そのような一瞬で霧散するものにすべてを置き換えるのは無謀すぎる。
結局、質量のないものに恰も価値があるように見せかけるシリコンバレーの錬金術に過ぎない。
対価は質量のあるものに生じる。
質量のないものにお金を掛けてはいけない。タダがデジタルの不文律。
そんなデジタルに取り込まれた数多の企業は遅かれ早かれすべて破綻するだろう。
そして最後に世界の富はアメリカIT産業の懐に収まると。
しかしこの「デジタル錬金術」もいずれは行き詰る時が来る。
原子力が万能エネルギーでなかったのと同じように。

デジタル化は、ある意味「泡沫の夢」なのだ。

役立たずなパケットライト方式。存在価値なし。

パソコン
04 /13 2010
先日、自費出版用の原稿をデータ入稿しようと、版下をCDに焼いて印刷会社に入稿したところ、CDにデータがはいっていないという。
そんなはずはなく、ちゃんと確認したはずなのだが。
渋々持ち帰ってチェックしてみると、データは間違いなく書き込み済みで入っている。
しかしどうやらそのデータはパケットライト方式で焼きこまれていたもののようだった。
これだと他のパソコンで読み取れないケースが多い。
この前もこの方式でデジカメ画像をCDに焼いてDPE店に持っていったら機械が読み取ることが出来ず、とんだ無駄足を食ったことがある。
いったい、このパケットライト方式は何のためにあるのだ?
こんな汎用性のないタイプの記録方式がなぜ存在しているのだ?
まったく人迷惑以外のナニモノでもない。
自分のウインドウズパソコンには何の設定もしないと最初にこの方式でCDを焼くアプリケーションが立ち上がってしまう。
うっかりパケットライトで焼いたその日には、丸1日無駄足を食う羽目になるのだ。
誰が考え付いたか知らぬが、こんな役立たずな汎用性のない記憶方式を仰々しくパソコンに設定するな。
CDに焼くということはそもそもデーターを移動したり保存する目的があるからこそ焼くのであって、そのパソコン以外で読み取れないのであれば何の意味もない。
本当に頭にくる。
単なる技術者のオナニーみたいなパケットライト方式でどれだけ人が迷惑しているか解らないのか?
こっちはそんな記録方式を選んで遊ぶパソヲタでもなく、とにかく道具として効率よく働けばよいのだからややこしい汎用性のないものを混在させるなといいたい。
お陰でまた遠路遥遥、印刷会社まで出向かねばいけなくなった。
こんな方式で二度と焼いてなるものか。
さっさとアンインストールしたいのだが、それでまたパソコンに不都合が起こったりするから安易な事も出来ない。
デジタルには役立たずな存在が多すぎる。
とにかくパケットライトはいらない。この世から消え去れ。
まさに役立たずだ。

ツイッターはトイレではないらしい

パソコン
12 /28 2009
ツイッターを始めて暫く経ったが、どうもダメである。
どうやら便所のような使い方はしてはいけないらしい。
ツイッターを誘ってきた腐れ縁の大学後輩にプライベートメッセージで「新しく社民党が作ったポスターでオナニーしてみろ」とか、シツコク下ネタで絡んでみたらブロックされてしまった。
親しい奴に下らない戯言を投げつけるには便利かなと思いかけた矢先、ブロックである。
こうなると、もう何のためのツイッターか解らない。
大統領やら首相やら宇宙飛行士までが、サルのラッキョウ剥きの如くツイッターを始めるというが何のためだ?
状況は尋常ではない。
おそらく、このツイッターを運営している会社からお金でも貰っているのだろう。
有名人が始めればトレンドの最先端だから自分も乗っからないと時代遅れになるとか、そんな理由でみんなツイッターに手を出しているのだろうか?
他に理由が考えられない。
フォローしている人たちの「呟き」が延々と流れるスレッドを眺め、そこから有益な情報を探し出すというような「才能」は残念ながら自分にはない。
どちらかといえば苦痛だ。
情報収集は重要だけれど、ツイッターは肌に合わない。
自分なりにカスタマイズして取捨選択しないとだめなのだろうが、そういうのは本当に苦手だ。
自分のようなタイプの人間がツイッターみたいなモノに手を出すと、延々とトイレに座り、糞を小出しに排泄するだけで1日が終わっていくようなもの。「うんこ製造機」が「うんこ製造機強化型」になるだけのことだ。
せっかく始めたので辞めるつもりはないが、正直面白みはゼロである。
自分をダメにするだけだ。
しかし、よくこんなシステム思いついたものだ。
ここから如何に儲けを絞り出すか、いろいろ計算したんだろうなあ。メリケンさん。
残念ながら、私からは「排泄物」しか出ません。
「うんこなう」。

ツイッターがついったー(シャレ)@自分専用トイレ

パソコン
12 /21 2009
いやいやながらツイッターとかいうのを設定してみた。
嫌ならやらなきゃいいのにと思うが、ネットや携帯自体、いやいやながらやっているのでその流れだ。
人生成功している者はそもそもネット、携帯の類は不要だと勝手に思い込んでいる自分としては「質量」のないバーチャルなコミュニケーションツールに時間と労力を割く時点でその人間の質が問われるようで情けなくなる。
「出来る人間」はそんなツールがなくとも旧来からあるコミュニケーション手段で先方からアプローチしてくるもの。
だから、こういうものに手を出せば出す程、己の「失敗人生」を認めているようなものじゃないか。
それはさておき、このツイッターとかいうカラクリ、さっぱりよく解らない。
自分の「つぶやき」を公開するシステムらしいのだが、そんなの誰が見たいのか?
愚痴とか舌打ちとか毒吐きとか、自分のですら鬱陶しいのに他人のものを好き好んで見聞きするのか?
多分、本質はそこにはないのだろうが、それ以外に思いつかない。
メリケンの考えたツールらしいので、またぞろ搾取のトラップかなんかだろう。

ということで、いやいやながらツイッターを設定してみる。
まだ、よく解らないので設定は「非公開」にしておく。でも「非公開」にすると自分しか観られないのか?自分の愚痴を見るためにツイッターやるのか?
これじゃまるで自分専用トイレだ。
もっとも「うんこ製造機」たる自分にはお似合いのシステムかも。
そんな「人生の敗北者」のトイレを覗きたい人はどうぞ。

https://twitter.com/abyukyo

新しいパソコン

パソコン
02 /23 2009
初ウインドウズパソコン
従来使っているこのパワーマックG3/OS8.6、ブラウザIE5、ネットスケープ7では現在のネット環境に対応出来なくなっているので、仕方なく新しいパソコンを導入した。
パソコンといっても今、流行の激安ミニノートパソコンである。
量販店でバナナの叩き売りみたいに扱われているアレだ。
いろいろ物色した結果、購入したのはエプソンのEndeavor Na01 miniという機種。余計な機能を省いて価格が抑えられている割には実用性が高く、画面も10.2インチあってミニノートにしては見やすい。
価格は単品で4万3千円程。
ただし、量販店では扱っていないので、直売店のある秋葉原へ赴いて購入した。カラーはホワイト。
光学ドライブが付いていないので、外付けのDVDドライブをヨドバシで6千円程で購入。合わせて5万弱。
まあこの位の価格でウインドウズパソコンを入手出来ればよしとする。
無論このレベルのパソコンではフォトショップなどの画像処理は困難かもしれないが、もともとその辺りは織り込み済み。
母艦機は結局マックにならざるをえないのでウインドウズではネットやシンプルな表計算と割切る。
使用感は新鮮味も伴い、比較的快適だ。
サイトがストレスなく開けるのはよい。動画サイトも初めて観た。
素人がアップロードしたネコの画像がたくさんあってびっくりする。
ずっと10年前のシステムを更新せずに使用してきたので「浦島太郎」感覚。
もっとも、このミニノートパソコンを外へ持ち出して何かするというつもりはない。屋外でネットにアクセス出来るプロバイダーにも加入していない。もっとも携帯でさえ屋外で扱う事が稀な人間がミニノートなんて持ち出しても荷物になるだけ。
とりあえずいろいろ出来そうだ。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/