イーハトーブ紀行記

旅、訪問記
09 /21 2017
先日の3連休に宮沢賢治の里、イーハトーブ花巻に赴く。
台風18号の渦中、花巻市近郊にある「宮沢賢治記念館」周辺を観て回った。

記念館のある山は胡四王山といい、生前、宮沢賢治の創作の源泉にもなった場所。
IMGP4851b.jpg IMGP4996c.jpg IMGP4867a.jpg

そこからは花巻市内が見下ろせ、イギリス海岸のある北上川も望める。
20746309_1483422868403083_5797439671482755433_o.jpg
果たして実際、賢治がここまで登ってきて、同じ風景を見ていたのだろうか?
胡四王山頂上に位置する記念館脇の雑木林には、鉄道もないのに古い信号機が2本立っている。
IMGP4990b.jpg
これはおそらく宮沢賢治『シグナルとシグナレス』を模したオブジェなのだろう。
『シグナルとシグナレス』は、花巻駅に乗り入れていた旧花巻軽便鉄道と東北本線の信号機を擬人化させた儚い恋物語だと記憶する。
台風一過の風が猛烈に吹く中で、その信号機はただひたすら無言で突っ立っていた。
本来は廃棄処理されるはずの信号機がオブジェとしてここに持ち込まれた運命。
この運命はいったい誰が決めたのだ?
お前たちは選ばれた。
そして、選ばれなかった信号機は鉄屑となる。
恐ろしい。

記念館に隣接した駐車場には「山猫軒」というレストランがある。勿論「注文の多い料理店」をモデルにしているのだろう。
IMGP4869b.jpg IMGP4994a.jpg IMGP4995b.jpg

まあ、メニューの食材にされても今更悔いはないので、雑炊をオーダーし、啜る。

胡四王山の麓には宮沢賢治関連の施設がいくつかあって童話館もそのひとつ。
富田勲がプロデュースした空間もあって、異形な生物のようなオブジェが森の中に配置され、こちらを睨んでいる。
IMGP4878b.jpg IMGP4885a.jpg IMGP4890b.jpg IMGP4881b.jpg
『銀河鉄道の夜』をイメージしたものだろうか?
夜になるときっとこの地球外文明の産物のようなオブジェは輝きだしてより一層、妖艶な空間を構成するのだろう。
宮沢賢治の童話をモチーフに初音ミクとコラボした富田勲のことだ。恐るべき仕掛けがあるに違いない。
ここはもしかすると異星人を召喚するフィールドかもしれぬ。

移動には新花巻駅前のショップで借りた補助電動式自転車を使った。
街道沿いのコンビニ前にアニメ『グスコーブドリの伝記』の主人公ブドリとネリの像が突っ立て居る。
IMGP5051a.jpg
ひもじい妹の嘆きが恐ろしいアニメだった。
こんなところに突っ立って何をしているのだと尋ねても、何も応えず。
やはり独身50代後半男性を相手にする暇はないらしい。

暫く自転車で胡四王山周辺を散策。台風一過の青空の下、稲穂の黄金色が輝く。
JR釜石線の踏み切りで暫し佇む。
IMGP5028b.jpg IMGP5029a.jpg
近所の農家のおばさんが踏み切りでもないところで線路を横切る。
都内だったら目くじらを立てる輩は、ここには居ない。
このゆっくりした時間の流れに意味がある。

自転車のコントロールを誤り、畦道に誤って突っ込んでしまう。足が踝まで土に埋もれる。
肥えた土だ。
いまでは当たり前の豊かな培土も、賢治の生きていた時代は容易く手に入るものではなかったのかも知れぬ。
人通りもなく、閑散とした田園だけが広がる現在のイーハトーブ。
IMGP5040a.jpg IMGP5026a.jpg IMGP5043b.jpg IMGP5035a.jpg
派手な商業施設も歓楽街もないが、ここには物言わぬ肥沃な土がある。
やろうと思えば自給自足も可能だろう。
日本の食料自給率は恐ろしく低い。にも拘らず、更にこの肥沃な大地すらも潰す流れがある。
この愚かしき行いに、賢治が生きていたらどう思ったろうか?
意外に無関心で春画を読み漁って自慰に耽っていたかも知れぬな。
俗人賢治も棄てがたい。

この花巻イーハトーブという辺境にこだわり、農業以外にこの地で営む人々も少なくはない。
宿でカクテルを提供して頂いた方もその一人だろう。
作っていただいたカクテルを飲み干すと、思い込みとは解っていても何か格別のモノがある。
これも一期一会というものか。
IMGP4946a.jpg

トンボが路線バスの中に迷い込んでいた。田んぼで乱舞するトンボなど珍しくはないのだろう。
運転手は何事もなかったかのようにバスを走らせる。
コンビニも何もない閑散とした新花巻駅前に戻ると、竜のような新幹線が爆走して通過していく。
どこかキチガイじみている。
IMGP4837b.jpg IMGP4833b.jpg IMGP4834a.jpg

帰路は「はやぶさ」。
320Km/h。余りにも早すぎて目が廻る。
「狭い日本、そんなに急いでどこへいく」
この高度成長期のキャッチフレーズは今も変わっていない。乗っている人間が消えつつあることを除いては。

ハムフェアに出展

創作活動
09 /06 2017
9月最初の週末、コミケ、コミティアに続いて同人誌頒布のため、東京ビッグサイトのイベントへ。
といっても同人誌イベントではない。
アマチュア無線のお祭り、「ハムフェア」である。
この夏のコミケ新刊はオリジナル、「けものフレンズ」2次創作共々、無線やラジオに特化された内容の造り。
一応、「ハムフェア」でも頒布する想定で本を構成していた。
今回はBCL関連クラブ主催者の御厚意で頒布スペースを確保することが出来た。
このイベントは2日、3日の2日間。例年であれば8月後半の週末に開催され、時々「コミティア」と重なることがあって、両方のイベントを往来することもあった。
だが、今回のようにハムフェアのほうで本格的に同人誌頒布するのは初めて。
客層も世代層も異なるイベントで果たして同人誌が売れるのか未知数。
ハムフェアでマンガ、イラスト冊子を頒布する一般参加のクラブは余り見受けられない。
殆どが無線機、ラジオのジャンク販売、研究発表、人的交流を目的とした出展なので同人イベントのような新刊目的で行列を作るような「文化」はないし、イベント開閉場時に拍手という慣例もない。
なので搬入数も予め若干抑え気味にした。
しかし、蓋を開けてみると、意外とコミケとハムフェア掛け持ち層も少なくなく、思ったよりも捌けてくれた。
金銭授受を伴うクラブスペース出展料は占有面積が同人イベントよりも広いから、料金も割高で個人が同人誌頒布のためにハムフェア出展するのはかなり難しいし、そんなに売れるものでもない。
来場者も2日で3万人強だからコミケの1割にも満たない。
今回はクラブ主催者の御厚意で場所を確保出来たという幸運もあったし、新刊がたまたまラジオ、無線に特化した同人誌だからという理由もあったのでハムフェア出展に挑んだが、来年以降もハムフェアで同人頒布するかは未知数。
いずれにしろ、この8月~9月は三つのイベントで同人誌頒布に勤しんだ。
天候はぱっとしなかったが、同人創作者としてはやるだけのことはやった感。
お蔭様で新刊在庫も底をついてしまった。
来訪者様及び、関連各位にはこの場を借りて御礼申し上げる。

コミティア121お疲れ様でした

同人イベント
08 /22 2017
コミティア121お疲れ様でした。
コミケからわずか1週間後の開催ということで、まだ疲労感というかそんなものが残ったまま東京ビッグサイトへ。
この日もぱっとしない天候。気温も夏らしくない。湿度だけ高く、不快指数はあまり変わらぬ。
コミケの時も「濃厚な」サークル配置だったが、今回のコミティアもかなり熱い。スペース内部から見て右隣があわたけ先生。
晴海の頃から、時折お隣に配置されるお馴染みのサークル。
今回はオリジナル新刊があったので印刷所から直接搬入。一方、自宅からの直接搬入する既刊本は極力減らした。
実はこの日、東富士演習場で総合火力演習の夜間予行があって、ある方からそのチケットを譲っていただいていたのだ。
総合火力演習チケット1708a
昼間の演習は何回か見学したことがあるが、夜間演習は初めて。
興味深い作画資料が撮れそうだと期待を膨らませ、同人イベント備品に加えて一眼レフカメラや三脚でいっぱいの重いリュックを背負ってビッグサイトまで赴かねばならなかったので、その分直接搬入分が少なくなった。
19時半からの夜間演習に間に合わすため、14時にはスペースを売り子さんに任せ、コミティアから退場の予定を組む。
兎に角、ここから東富士演習場は遠い。
ところが昼過ぎ、現地から連絡が入って夜間演習中止の報。
理由は天候悪化だとか。
何とも惜しい。
とはいえ、このまま御殿場に向かったところで何もやっていない演習場に佇むだけ。
諦めざるを得ぬ。交通費が無駄にならなかっただけでも御の字か。
それにしても、この夏、天候不順は様々なイベントに影響を与える。
前日の多摩川花火大会も雷雨で中止。落雷で怪我人まで出た。
結局、コミティアには最後まで参加。
重い三脚などは在庫同人誌と共に宅配に。
だが、カメラはさすがに自分で持ち帰るしかない。
閉会後、ビッグサイトの外に出てみると、相変わらずの曇天。
重い荷物が肩に食い込む帰路であった。

コミックマーケット92お疲れ様

同人イベント
08 /15 2017
遅ればせながらコミックマーケット92お疲れ様でした。
蒸し暑い中、当スペースまで足を運んでいただいた紳士淑女の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
今回は諸々の事情でコミケ合わせ新刊執筆に入る時期がずれてしまい、準備期間が7月中旬からのわずか半月程度に。
それでもオリジナルと「けものフレンズ」本、プラスコピー誌を出すことが出来た。
この頃はSNSやピクシブを媒体として発表する作品が増えた結果、横長の絵が多く、縦長基本の同人誌サイズに合わせるのに難儀する。またカラー作品をグレースケールで印刷するので何だかもったいない。
オールカラー本も棄て難いが、本文もカラーにするには経費や締め切りの問題もあってなかなか手を出せない。
でもオールカラーの同人誌は特に珍しい訳でもなく、普通に頒布されているので、こちらも一層奮励努力する必要がある。
さて、サークル参加当日。
コピー本作成に手間取り、結局一睡もせずに徹夜に。
これはきつい。しかし気が張っているので何とかビッグサイトまで吶喊。
前日まで涼しかったが、13日最終日は蒸し暑さがぶり返していたので汗が噴出す。
りんかい線国際展示場駅前で「けものフレンズ」の団扇を配っていたので貰う。
スペースは前回と同じく、東7ホール。サークル入場ゲートから遠いので辿り着くだけでも体力消耗。
今回はいつもお世話になっているむらかわみちお先生のサークルとお隣に。
また反対側もかなりパワフルなサークルさんでその隣が永野のりこ先生のサークルスペース。
島スペースとはいえ、搬入量も多い濃厚なサークルが並ぶ。
前回はお隣のサークルが不参加だったのである程度動ける空間を確保出来たが、今回は搬入量の多い両隣サークルさんが先に設営完了した後にやや遅れてスペースに到着したから準備も大変。
ただでさえ狭いスペースに所狭しと同人誌や備品、ポスター立てがぎっしり置かれ、足の踏み場もなくなった。
結局椅子は縦に並べざるを得なくなる。
売り子さんが前で頒布し、自分は後方で待機という、何だか普段とは違う体制で挑むことに。
開場後、しばらくは閑散としていたが11時半過ぎからどっと人が増え始め、短いながら列が出来る時間帯も。
お蔭様で新刊頒布も順調に。
お近くだった永野のりこ先生とも御挨拶出来た。
実は永野先生とはデビューしたての1982年頃から執筆していた『プチアップルパイ』同期であったが、言葉を交わせたのは今回が初めて。
女性の方だとは思っていなかったので吃驚。
今回も「漫画の手帖」様の差し入れが有難い。「マンガ論争」永山氏にもお世話になった。
また、いつも来てくださるファンの方からの差し入れ、激励も感謝に耐えない。
お蔭様で睡魔に襲われることもなく殆どの時間帯自分のスペース内で過ごし、なんとか無事イベント貫徹することが出来た。
次は来週のコミティアで。
よろしくお願いします。

阿佐ヶ谷七夕祭り2017

祭り
08 /08 2017
今年も阿佐ヶ谷七夕祭りのシーズンが巡ってきた。
ここ数日、蒸し暑さがぶり返し、人でごった返すパールセンターを歩くと汗が噴出す。如何にも夏らしくてよい。
21時を過ぎても人の数が減らない。
人口減というのに、都心の祭りの場ではむしろ人の集まりが著しくなっている。
線香花火が落ちる寸前の輝きなのか。
それはさておき、。今年はパンダの張りぼてが目立つ。上野のパンダに子供が生まれたせいかもしれぬ。
いつもマニアックな3Dモデリングで作っていると思われるアニメキャラクターエリアには「けものフレンズ」のサーバルとセルリアン。
他にはマクロスのバルキリーなんかもある。
IMGP3951a.jpg IMGP3926a.jpg IMGP3943a.jpg IMGP3942a.jpg IMGP3944a.jpg IMGP3932a.jpg IMGP3950a.jpg IMGP4003a.jpg IMGP3999a.jpg
やたら多かったのは「ミニオンズ」のキャラクター。一方でポストジブリの「メアリと魔女の花」のキャラが皆無だったのは寂しい。
注目されるのは南口のパールセンターだが、北口アーケードも地味ながら飾りつけをやっている。地元小学校児童が描いた絵が掲げられていた。
IMGP3985a.jpg
今年もスタンプラリー参加してみたのだが、7日の時点で景品バッチが品切れ。不覚。
IMGP3978a.jpg
昨年までは最終日でもまだ間に合ったはずなのに。そんなに人気だったのか。

8日、阿佐ヶ谷七夕祭り最終日。台風は日本海側に逸れたが、時々雨がぱらつく天候。だが蒸し暑さは相変わらず。
昨日、記した通り、スタンプラリー本年分の景品缶バッチは7日で品切れ。因みに一箇所だけスタンプごと撤収してしまった場所があって台帳を埋めることすら出来ない。ダメもとで取り合えずラリーのゴールである本部に寄ってみると、撤収スタンプはこちらに戻されていたようでここで捺印してもらえた。一応コンプリートは完成。品切れた本年分の缶バッチの代わりに前回以降の余剰缶バッチを頂けた。60周年のものとかはまだ残っているようだ。
IMGP4026a.jpg
なぜにどうして今回だけこんなに早い時点で景品がなくなってしまったのだろうか?用意したバッチの数もそんなに少なかった様子もないし。スタンプラリー参加者が予想外に多かったのだろうか。
それはさておき、最終日も盛況。
浴衣の帯に杉並区のマスコット「なみすけ」が記された団扇を刺している女子も目立つ。
IMGP4008a.jpg
けものフレンズのエリアにはなぜか「かばんちゃん」が増えていた。
IMGP3997a.jpg
アーケードの切れ目の部分で、ふと見上げると虹が出ていた。よく観ると2重だ。
西日が雲のスリットから射して東の空の雨粒に屈折しているのだ。気が付いたのは幸運だった。
IMGP4007a.jpg
今回は初日を除いて、何かしら七夕祭りに寄っていた。
そんな七夕祭りも今日でおしまい。
そろそろ季節は「暑中」から「残暑」に移り変わってゆく。
IMGP3951a.jpg

そういえばJR阿佐ヶ谷駅ガード下にあった旧ゴールド街がリニューアルされて、新しい飲食街に生まれ変わっていた。
IMGP3977a.jpg
阿佐ヶ谷に2軒目の「スターバックス」まで入っている。それも住宅街側。変にオシャレなつくりになっている。
40年位前、阿佐ヶ谷ゴールド街には「牛友チェーン」というチープな牛丼屋があった。安っぽい食堂みたいな店舗だったのを憶えている。利用者はもっぱら学校帰りの中高生。
その頃からすると隔世の感。ビジュアル的にもステージが違う。
たしかに店舗はおしゃれになったが利用客は高齢者が目立つ。
世代交代が途絶えれば、ここも40年後は廃墟だろう。
阿佐ヶ谷七夕祭りの盛況はいつまで続くのだろうか。

コミックマーケット92新刊御案内

同人イベント
08 /08 2017
コミックマーケット92新刊御案内
新刊御案内その1
『ジャパリパークアマチュア無線局』
ジャンル/けものフレンズ2次創作
サイズ/A5
総ページ/20P
頒布予定価格/400円
ゲスト/森野優樹
頒布スペース/13日日曜日東7ホール「こ」41a「あびゅうきょ」
ジャパリパークに存在した架空の無線局「8J6JAPARI」。ジャパリバスに満載されたアマ無線機とアンテナを駆使してフレンズ達がパークから消えたヒトとの交信に挑むという妄想イラスト集の薄い本。
ジャパリ表1-1708 ジャパリ表4-1708 ジャパリ04頁版下 ジャパリ03頁版下 ジャパリ05頁版下 ジャパリ09頁版下 ジャパリ08頁版下

新刊御案内その2
『LOVE RADIO 2』
オリジナル同人誌。
サイズ/A5
総ページ/42P
頒布予定価格/500円
ラジオやアマ無線に纏わるコミック、イラスト集。
1986年発行「プチアップルパイ」に掲載されたFM遠距離受信ストーリー『スポラディックメモリー』も再録。
LR2表紙版下 LR2-32頁版下 LR2-05頁版下 LR2-12頁版下 LR2-16頁版下
また既刊の「ガルパン」本も頒布予定。

その他
新刊「マンガ論争17」にコラム「あびゅうきょ妄言通信出張編」連載中
頒布スペース/「マンガ論争」頒布スペース

『漫画の手帖』各号にコラム「あびゅうきょ妄言通信」連載中

よろしくお願いいたします。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/