FC2ブログ

吾妻ひでおファン葬に出席

創作活動
12 /02 2019
先月30日に行われた漫画家吾妻ひでお先生のファン葬に出席。
冠婚葬祭など忌むべきものとして、親族関連の式すら殆ど出たことのない身。
当然喪服などあろうはずもない。もっとも普段着でもよいとのことだったので全身真っ黒の服で影男のごとく式場に赴く。
IMG_20191201_071041aa.jpg
場所は築地本願寺第二伝道会館。一応関係者枠として14時半頃に献花。
到着したときには参拝者が一人ずつ献花する時間帯。
祭壇に普段着姿の吾妻ひでお先生の遺影が飾られている。
花を供え、一礼して退室。
自分は列席しなかったが式辞は萩尾 望都先生やとり・みき先生等が述べられたとか。
帰り際に、吾妻先生のイラストで構成された手ぬぐいを頂く。
IMG_20191202_121942aa.jpg
2次会にも出席する旨、参加者とともに銀座の会場へ。
著名漫画家各位がご臨席のようで、肩身が狭い。
面識があるのは、コミケで交流のある、みなもと太郎先生、「プチアップル・パイ」時代に執筆されていた火野妖子先生と永野のりこ先生位。
他にもお会いしたことがあるはずなのだが、最近漫画家方面の交流に疎くなって、どうしてもお顔と名前が一致せず、思い出せない。
ここ数年、漫画雑誌での連載もなく、どうにも自己紹介すら糸口が見出せない。
後から山本夜羽音先生がいらしたのに気がつく。この記憶力の低下は危険だ。
とりあえず、備え付けのスケッチブックにななこSOSもどきの絵を描いてその場をやり過ごす。
IMG_20191201_070952aa.jpg

吾妻ひでお先生とは、それほど深い交流があった訳ではないが、10年ほど前に開催した自分の原画展にわざわざお越しくださったのがもっとも印象深い。
その時、自由帳に残して頂いた直筆イラスト。
IMG_20191202_121628aa.jpg
原画展の少し前に「マンガの手帖」経由で大泉学園を舞台とした同人誌を吾妻先生がお読みになり、なぜか興味を持たれ、その同人誌に描いた女の子を先生が模写し「ぶらぶらひでお日記」に掲載して頂けるなど、大変光栄なことだった。
あずま日記0904aa
コミティアでも直接、私のスペースまで「新刊ありますか?」と足を運ばれたこともあった。
1970年代から週刊漫画雑誌の第一線で連載されていたメジャー作家先生が、自分のような超マイナー漫画家と関わり合う事など稀有なことである。
一度、望月 三起也先生とワイルド7合作イラスト企画というのがあったものの、その時は直接お会いすることもなく終わった。しかし今回のようなあの「ふたりと5人」を描いていた御大が、それも先生のほうから関心を持たれたというのは恐縮の極みであった。
吾妻ひでお先生はかなりの読書家であらゆる方面に旺盛な好奇心を発揮されていたようだから、私の作品に興味を持たれたのもその一環に過ぎず、先生にとっては別段、特筆すべき程のことでもなかったのは想像に難くない。
しかし、自分にとっては己を信じて好きなように描いてきた作品が、たとえ一瞬だろうと著名御大たる吾妻先生に評価されたという事実は、今後ともこの世界で漫画、イラストを生業とする上で、掛け替えのない自信に繋がることだけは間違いないと思う。

2次会も終わり、同じ銀座のギャラリーで開催されていた「山田雨月ムウムウ展3」を観覧。
その後、三々五々帰路に就く折り、夜空を見上げると細い三日月が浮かんでいた。
先生も今頃、あの月界隈を取材旅行されているのだろうか。

合掌。

コミティア130お疲れ様でした。

同人イベント
11 /29 2019
遅ればせながらコミティア130お疲れ様でした。
最近は東京テレポートの仮設棟で開催されていたが、今回はビッグサイト西館に戻る。
こちらのほうが落ち着く。
イベントが多数あるのか、朝の国際展示場駅は凄い混雑。
ここ数週間は連続して天気の悪い週末が続き、24日もぱっとしない。
会場内も寒く、生活パターンが昼夜逆転状態だったので体調的にタイトなサークル参加に。
スペースも横並びの配置だったので狭く、窮屈。
その上、隣のサークルさんが3人もスペース内にほぼ常時留まっていたので圧迫感がきつい。
とはいえ、11月としては比較的頒布部数も多く、アイテム全部を購入して頂いた読者の方もいて、感謝の極み。
この11月コミティアが終わると、いよいよ冬コミ原稿追い込み。
今季は9月より依頼、商業原稿が続いて、同人原稿までなかなか手が回らない。
「マンガの手帖」や「マンガ論争」原稿もなんとか今週中に上げて、とにかく新刊は出したい。

それはさておき、話題は変わってネットショッピングの話。
ネットをプラットフォームとした買い物は、マメにチェックしておかないと面倒なことになる。
先日もアマゾンプライム会員にいつの間にか入会していることになっており、数か月分無駄に会費を取られていた。
恐らく通販手続き時に無意識的にクリックしてしまったのだろう。
プライム会員になったとて、何ら特典に一切興味もなかったから一方的に損しただけ。100分の1も回収できなかった。
クレジットカード明細等、金銭に纏わる通知チェックは心根が卑しくなるので極力避けたく、見ぬままスルーしていたら気がつくのが遅れてしまった。
正規の大手サイトでも「クリック詐欺」まがいの仕掛けがいくらでもあるから相当気をつけていないと無意味な損失を被ってしまう。
スマホ含め、心身、金銭的損失ダメージを考えると、自分が発信、販売する側のプラットフォームだけ残して、支出方面はすべて閉鎖してしまおうと思う事がある。
買い物はすべて店舗で現金支払いに限定。
欲しい物をネットで探すという習慣を止めて、昭和に戻るのだ。
石丸電気のレコード券で何の不満があろうか。
でないといずれ身包み剥がされるのではないかと不安になる。
スマホで決済なんて恐ろしい。気がつくと使った覚えもないのにスマホを末端に翳しただけで口座残金ゼロにされる可能性もある。
大麻よりよっぽどスマホを規制したほうがよいとすら思う。
個人情報まで吸い取られるのだから、悪質性はこちらのほうが高い。

世代的にネットの海で泳がされるのはもう年齢的に無理。
豚の貯金箱で充分だ。



入間航空祭と北欧童話テーマパーク妄言

旅、訪問記
11 /14 2019
もう暫く経ってしまったが11月3日、恒例の入間基地航空祭に赴く。
ただ、今年は天候が悪く曇天。曇りではもはや展示飛行の写真を撮っても白く抜けた背景に暗いシルエットが写るだけで無意味。
爽快感も得られない。
ブルーインパルスも水平系の展示のみ。
IMGP5692aa.jpg
IMGP5747aa.jpg
IMGP5728a.jpg
ただ来場者は相変わらずの多さ。
今回は早々に基地から退散する。

翌日、飯能の宮沢湖畔に出来た北欧童話のテーマパークに赴く。
アトラクションなどにはあまり関心がなく、何かスピリチュアルな雰囲気を味わえる演出を期待してみたが、特になし。
パークの奥にこの童話に出てくるイケメンの森の住民が使うテントがあるというので行ってみる。
と、確かにテントしかない。
この登場人物に纏わるグッズ販売も展示もなし。
これではホームレスの住処を覗いているのと大して変わらず。
IMGP0867aa.jpg
IMGP0866aa.jpg
もっとも、この森の住人も似たようなもの。
何故森に一人佇んでいるのかは知らない。
もしかすると街で犯罪を犯して森に逃げ込んだお尋ね者の場合も考えられる。
何事も知らぬが仏だ。
世の中の大半は知ったところでどうなるものでもなく、知らなかったほうがよいことで満ちている。
この森でギターを爪弾いている男の過去などどうでもよいのだ。
知ったら、河馬に似ている主人公の少年もこの男に近づくことすらしなかったかもしれない。
ホームレスもこの森のイケメンも紙一重、表裏一体。
普段は空き缶集めで生計を立てているのかもしれない。
ギターで食っていけるか。
そんな惨めなところを河馬似の主人公少年に知られたら大変だとびくびくしながら生きているのかも知れない。
そういう意味ではこの展示も無きにしも非ず。
入場者にこれが現実なんだと諭すための演出だとしたら納得がいこう。
ファンの夢を壊すとは粋な計らいだ。

都会の生活は金も掛かって辟易することばかり。
早く森へ逃げ込みたい。
しかし、森の中はすでにそんな「現実逃避」の「人生の敗北者」でいっぱいだ。
結局は何も知らない田舎の少年を妄言で騙す事位が関の山。
まあ、それも一興である。
このまま妻も娶れず、子も残せず、森で朽ちたとしても仕方ないのだ。
哀れなり。森の人。

神無月妄言

日常
11 /02 2019
神無月妄言。
気がつけば11月。今年もあと2ヶ月を切ってしまった。
己の干支だったにも拘らず、手ごたえのある収穫は無きに等しく、ただ人生の蝋燭をすり減らしていく年月。
今に始まったことではないが、時間の概念がもはや客観的にコントロール不能になったのか、「やるべきこと」がまったく片付かない。
SNSという手慰みが貴重な時間を奪っていく。
ネットにアクセスする度に何ら生産性のないものにエネルギーを吸収され、気がつくと1日が終了してしまう。
このパターンから脱するためには、取り合えずスマホのような末端を遠ざけなければならない。
スマホの利便性によって「やらなければいけないこと」が犠牲になっていることを悟るべきだ。
スマホによって予定された「1日」が予期しない情報によって阻害され続けると、一生を台無しにする。
一人の人間が処理できる情報などたかが知れている。
SNSから溢れ出る有象無象はそもそも虚無。
そんな虚無にアクセスし続けることは、己を虚無の一部としてしまうのだ。
その虚無に反応しないことが、徳を積み、人生を豊かに出来る。
スマホは毒である。

吾妻ひでお先生が鬼籍に入られた。
数多の傾倒する偉人クリエーターが世を去っても、それは自分にとっては直接関わりがない「雲の上の人」。
しかし、吾妻ひでお先生は少なくとも、自分の作品に対して直接関心を持って頂き、同人誌模写や原画展にまでお越しいただいた。
短いやり取りながら直接お話したこともあった。
そのような方が鬼籍に入ったことによる喪失感は計り知れない。
享年69歳。
1970年代より週刊漫画誌でバリバリに連載されていた第一戦級の漫画家からしたら長寿のほうかもしれないから、ある意味漫画家人生を全うされた方なのかもしれない。
合掌。

今年は殊更、様々な事象で己が傾倒する分野での生命財産が奪われる喪失感が強い。
水害、火災、放火で貴重な唯一無二の存在が、一瞬にして灰燼に帰していく。
「形あるもの、いつかは必ず朽ちる」
その定めから逃れることは出来ない。
だが、これまでは喪失する以上に、創出されるものが卓越してたから、この国はなんとか持ち堪えてきた。
しかし、この超少子高齢化の時代、希望ある未来は奪われ、一度失うと、もう2度と取り戻す事が出来なくなる時代へと転落した。
浩宮陛下即位の儀を垣間見て、玉座に上られるお姿はもはや初老。
初々しい活力ある覇気は感じられず、「令和」の時代は計り知れない喪失の連続を予感させる。
人間国宝並みのアニメーターを一瞬にして奪ったスタジオの放火も、貴重な収蔵品を水没させたミュージアムを襲った洪水も、再建された途端に炎上した城の大火災もすべて「終わりの始まり」に思えてくる。
運からも見放されたように。
いや、この世が「灰燼に帰す」ことは世の宿命であって、むしろ何事もなく安息が続くわけがないのだ。
この定めを織り込んでこその人生でもある。
だから、貴重な今の「生」を悔いることなく、前に進むしかないのだ。

我らは灰燼の中から新たなる未来が築かれる輪廻の中に生きている。
やがてこの東京も首里の炎の何千倍の規模で焼かれる日が来る。
「令和」に生きる民はその苗床となる生贄の宿命なのかもしれぬ。

しかし、誰もその覚悟は出来ていないのだ。


台風19号備忘録

地震、火山、気象、自然災害
10 /19 2019
台風19号。
東日本を襲った雨台風としては1947年のキャサリン台風や1958年の狩野川台風以来の規模らしい。
コースも勢力も今回の台風19号と似ている。
上陸前の感覚としては寒冷前線が通過して空気が入れ替わり涼しくなったので、もう一度太平洋高気圧が盛り返さない限り、房総半島東側の洋上を掠めて通過するような気がしていたが、その個人的予想は完全に外れてしまった。
妙に西にコースを膨らませる変則的な北上ルートを辿って伊豆半島辺りに上陸。
シーズン中、台風は同じコースで複数上陸する「癖」がある。
結果的に先月の15号がパスファインダーとして19号を呼び込んだと言える。
12日、上陸前夜。
零時少し前に近くのスーパーへ。
パン、惣菜の棚は空。
レジは深夜なのに列が絶えない。翌日軒並みスーパーが休業するとの報道で買い溜めに拍車が拘った様子。
世間の空気からして異様。
12日、21時過ぎに東京都区内最接近。手元の気圧計では973ミリバールがピーク。
首都圏通過はほぼ気象庁の予報通り。15号よりは風は控えめ。
但し、台風19号のの規模は15号より遥かに巨大で、未曾有の大雨が各地で降り、箱根は日雨量が1000ミリを越える観測史最大雨量を記録。
台風が運んで来た大量の水蒸気が日本列島上空で北からの寒気とぶつかって一気に雨となって降り注いだイメージ。
今回の大雨は台風19号だけでなく、10月9日の時点で北海道の北を東進して行った寒気渦も一因になった可能性も。
アリューシャン列島辺りまで伸びた長大な雲の帯が寒気渦と台風19号を結んでいた。
狩野川台風以来とすれば61年ぶり。
当時より治水が整えられていたとはいえ、大河の流れを未来永劫人工的に固定出来るわけでもなく、何十年に1回の大雨で大氾濫を起こすのは大地の通過儀礼なのだ。
各地で数多の浸水禍が発生したが、半世紀振りとしたら人生一回あるかないか。
その稀有な禍に備えるか否かが問われた台風だった。
それにしても数十年に1回の雨台風来襲のわずか10日前に完成し、空の状態から一気に100パーセント満水にするという絶妙のタイミングでデビューした八ッ場ダム。
偶然では片付けられない「何か」がある。
あまりの「出来すぎ」に人知を超えた地球外文明か秘密特務機関の基地ではないかと疑うほど。
洪水抑止の効果の是非はあるようだが、この天文学的な確率で完成した「運のよさ」だけは否定できない。

その一方で川崎市民ミュージアムの「浸水」事案には香ばしさを禁じえない。
川崎市のハザードマップを見るとこのミュージアムがある等々力緑地周辺は多摩川の氾濫エリア内。
なのに収蔵庫を地下に設けているのは何故なのだろう。
この立地で洪水を想定していなかったとしたら頭がどうかしている。
むしろ「水没」を想定して作ったんじゃないかと疑うほどだ。
そもそもこの施設が作られたのが1988年でバブル経済の頃。
まず「箱もの」ありきで美術品展示収蔵としての立地条件など考慮されなかったと想像する。
遅かれ早かれ洪水が免れぬ場所にも拘らず、更にご丁寧に地下に収蔵庫を設けるなど、最初から美術館としての設計は破綻している。
そんな「水没予定地」に貴重な漫画原稿や文化財を収蔵していたとは・・。
誰もこの「致命的欠陥」に気がつかなかったのだろうか?
「形あるものはいつか壊れる」
しかし、それを出来るだけ長く後世に継承する事がミュージアムの努めであり、使命なはず。
それを率先して「水没」させるとは何事なのか。
これは「想定外」とか不慮の事故の類ではなく、容易に予想された人災。
台風が来る云々以前のレベル。
漫画原稿等に特化された収蔵美術館がこのような有様なのだから、寄贈する側も躊躇してしまう。
この川崎の美術館は即刻、この「氾濫原」から生田緑地辺りに移転することを決意すべき。
それが、唯一「水没」させた収蔵品に対する報いになろう。

以上、台風19号備忘録終り。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/