FC2ブログ

コミックマーケット96(3日目)お疲れさまでした

同人イベント
08 /12 2019
コミックマーケット96(3日目)お疲れ様でした。
この暑さの中、当サークルスペースにお越し頂いた紳士、淑女各位に御礼申し上げる。

猛暑が続く11日。
来年のオリンピックを控えて東館が使えなくなった今回のコミケット。
配置場所もルールも従来とはかなり違うため、何が起こるか判らず、念のため今回は比較的早めに会場入りする。
ビッグサイトに到着したのは午前8時前。
サークル入場は特段滞ることなく西4の自分のスペースに辿りつく事が出来た。
今回はサークルチケットと引き換えにリストバンドを渡される。
一般参加も「有料」になった事の対応なのだろうか?
西4ホールは普段なら企業ブースが入っていたと記憶する場所。多分サークルスペースとしては初めてかもしれない。
午前10時、いつものように開幕。
冷房があまり効かないのか、暑い。晴海の頃を思い出す。
結構、欧米系のコスプレイヤーも目に付く。
ドイツアフリカ軍団のコスプレをした米国人?カップルが「ガルパン本」を手に取って、何やら感想を言い合っていた。
女性の方はコミケ2回目の参加で、男性は初参加だとか。
他にも何人かの欧米系一般参加者の方が立ち寄られ、興味深そうに本を捲っていた。
必ずしも本を買って戴けた訳ではないが・・(笑)。
さて、午前中は人は多いものの、全体的に頒布数は伸びず。
いつもはピークになる11時半を回っても状況は変わらず。
なぜか御馴染みの一般参加者の方の姿が少ない。
暑いので皆、来場を控えているのかと思っていたが、どうやらそうではないらしかった。
やっと正午を回り、13時近くになって頒布数が復調。
聞く所によると入場するまでが大変だったらしい。
西1・2ホールは身動き取れないほどの混雑だったとか。
西4ホールに辿り着く前に体力を使い果たしてしまった方も。
今回は自分のスペースから殆ど動かず、間接的に話を聞いただけであったが、やはり東館が使えない影響は大きかったようだ。
不手際も重なって一般入場の待機列が大変なことになっていたらしい。
SNSなどでその顛末など読むと、「陸の孤島」で有名な百里基地航空祭の阿鼻叫喚を髣髴とさせる。
朝9時に最寄り駅を出たバスが会場に着いたのは15時。すでにイベント終了ということがあった。
普段なら30分位の距離が6時間かかったのだ。
想定を超えた来場者が限られた入場口に集中すると破滅的渋滞を引き起こしてしまう典型。
更に復路のバスのルートもばらばらで、後から出た便のほうが先に駅に着いてしまう例も。
手際を誤るとにっちもさっちもいかなくなる。

コミケットの理念としては来場者すべてが「参加者」。「客」という概念はない。
しかし、今回、一般参加者も原則「有料」としたことで、そのバランスがやや崩れてしまったところに、このトラブルだから困惑する声も大きい。
いずれにせよ、東館が使えないというハンデを背負った中での開催だったから、スタッフも一般参加者も暗中模索状態だったことは確か。
大きな事故に到らなくて幸いだったが、この猛暑下、自己管理を万全にして挑むに越したことはない。
再来週は青海会場でコミティアがある。
暑さ対策は怠りなく。

今年も阿佐ヶ谷七夕祭り

祭り
08 /07 2019
5月末からずっと自費出版原稿の日々。8月3日に入稿を終えてやっと一息つく。
鬱々とした梅雨寒がつづき、雨ばかりだったが梅雨が明けたらいきなり猛暑で体が追いつかない。
3日から恒例、阿佐ヶ谷の七夕祭りが始まった。
最終日の7日まで結局4日間通った。
IMGP9774aa.jpg IMGP9786aa.jpg IMGP9805aa.jpg IMGP9800aa.jpg

子供の頃は祭りなど好きではなく、地元にも拘らず七夕祭りもたまに行く程度だったのが、五十路を越えた辺りから行かずには済まなくなってきた。
昔は張りぼてや飾りを眺めるだけの祭りが、今は屋台が増えて、食べ歩きが主流になった。
個人商店も少なくなって、チェーン店が目立つようになってから久しい。「ねじめ」も閉店するという。
張りぼては大凡、メジャーなアニメや流行物がメインだが、いつごろからか、一箇所だけマニアックなアニメ作品キャラクターを展示するスポットが出来た。それもチープな出来ではなく、3D設計されクオリティーが高い。
今年は「ケムリクサ」のヒロインが釣り下がっていた。
浴衣姿の女性や家族連れに混じって、ただ人の流れに委ね、喧騒に身を任せる。
もはや楽しいのか、どうなのかも解らない。
いずれにしろ、心身ともに元気で居られる期間は、限られている。
そんな人生の地平線が見えてきたからこそ、若い頃はスルーしても気のもならなかったものが、今や貴重な日々の一つとなってきたのかもしれない。

ニュースでまたいろいろと流れてはいるが、外交にしろ、「表現の自由」云々にしろ、結局のところ、この二つの諺にすべて集約される気がする。
「貧すれば鈍す」
「金持ち喧嘩せず」
これは事ある毎に思うのだ。
心身、物質的に乏しくなれば余裕がなくなり、寛容性も失われ、いつしか「子供の喧嘩」レベルに堕ちていく。
いつまでたっても1950年代の価値観で「思考停止」している妾世襲と劣化紅衛兵が依存しあっている限り、ジリ貧で同じことの繰り返し。
一度全てをリセットし、その屍を苗床にした新たなる「存在」が発芽するのを待つしかなかろう。


コミックマーケット96等8月イベント頒布情報ご案内

同人イベント
08 /06 2019
コミックマーケット96新刊御案内
●新刊その1
誌名/「安比奈乙女通信隊記」
ジャンル/オリジナル
サイズ/A5
総ページ/34P
頒布予定価格/500円
頒布スペース/11日日曜日西4ホール「F」06a「あびゅうきょ」
内容/架空の戦後日本。
利根川を境として、北は共産主義政権の「日本人民共和国」、南は諸国の皇室が連合した「日本皇国連邦」として分断された世界。
皇国連邦に所属する入間皇国最北端、北との非武装地帯に隣接する一角に安比奈宮と呼称される聖域があった。
入間川南岸に位置し、太古から賽の河原として聖域化されてきた場所。
近代になると安比奈宮まで専用線が開通、彼岸となれば大量の死者を火葬し、弔い人が参拝する大斎場として賑わった。
生者と死者が交錯する安比奈宮。いつしかここに到れば永遠の花嫁が待っているという都市伝説が生まれ、恵まれない独身男性が生きて火葬を望む迷信『死嫁婚』まで勃興した。
しかし、半世紀前に起こった国境紛争でこの安比奈宮は酷く破壊された。
この紛争以降、安比奈一帯は不発弾や地雷原が放置されたまま、一切の人の立ち入りが禁じられてしまった。
こうして安比奈宮は荒廃し、弔いの儀も途絶えたまま、死者の亡霊が彷徨う荒野と化し、人々の記憶から遠ざけられていった。
それから四半世紀余。
戦後75年を経て連邦の元号が「阿久」と改まった2020年初夏。
突然、この「忘れられた聖地」に召集された入間皇国陸軍予備役の少女達が派遣されることになった。
だが彼女達にその本当の目的は知らされていない。
安比奈乙女表紙版下aaa
安比奈乙女05版下aa 安比奈乙女06版下aa 安比奈乙女07版下aa 安比奈乙女08版下aa

●新刊その2
誌名/「府中ちほー」
ジャンル/けものフレンズ、ケムリクサ
サイズ/A5
総ページ/18P
頒布予定価格/400円
内容/SNSやコピー誌等で発表したアニメ『けものフレンズ』、『ケムリクサ』のファンアート、2次創作イラストをまとめて収録。
府中ちほー表紙版下aa 府中ちほー06頁版下aa 府中ちほー07頁版下aa 府中ちほー14頁版下aa

その他
新刊「マンガ論争21」にコラム「あびゅうきょ妄言通信出張編」連載中
頒布スペース/「マンガ論争」頒布スペース
他、『漫画の手帖』各号にコラム「あびゅうきょ妄言通信」連載中

頒布スペースは、いずれも東京ビッグサイト
●コミックマーケット96
8月11日西4ホール「F」06a「あびゅうきょ」
●コミティア129
8月25日青海展示棟「に」06a「あびゅうきょ工房」
●ハムフェア
8月31日~9月1日南3・4ホールC-059


よろしくお願いいたします。

新海誠監督新作『天気の子』を観る

映像鑑賞
07 /20 2019
新海誠監督作品『天気の子』を封切り初日に鑑賞す。
昨日の「事件」直後でもあり雑念等でベストコンディションとは言えなかったが、余計な情報が耳に入る前に観ておきたかった。
JR新宿駅南口の液晶動画広告は全てこの映画の宣伝で埋め尽くされている。
IMGP9742aa.jpg
宣伝には前作『君の名は。』以上に力が入っているようだった。
鑑賞時間帯は19時半から。
初日とあってか席はほぼ満席。
窓口でスポンサーの日清「新海誠ヌードル」なるカップ麺を貰う。
IMGP9751aa.jpg

(ここからはネタばれも含まれるので、未鑑賞の方は注意!)
上映時間は2時間を越える。
あらすじ等の詳細は公式サイトなどをチェックすれば大方解るので省略。
さて、総じての感想は、どことなく昔のATG映画のような貧乏不幸青春残酷物語テイスト臭がして耐え難い。
予告編などで想像していた世界観とは大違い。
ATG映画は生理的に受け付けないのでこういう貧困空気観が漂うのはきつい。
なんで態々金を払って他人の「不幸貧乏話」を観なきゃいけないのかと。
場面設定も新宿歌舞伎町辺りの場末の酒場やBARばかりで辟易してくる。
登場人物も貧相で底辺漂う幸薄そうな者ばかりで陰湿ジメジメ感が漂う。ただでさえ梅雨空が続いているのに勘弁してくれと言いたい位の面々だ。
ストーリー展開も安い刑事ドラマのようで退屈。
映像はいつもの「新海調」ではあるが、内容は暗く『劣化版太陽にほえろ』である。
SFテイストを極力削った分、ただ退屈な「底辺人間ドラマ」になってしまった。
この「つまらなさ」の一因に、主人公が東京に出てきてから世話役として登場する男、須賀圭介の存在だ。
監督が記した映画パンフレットのライナーノートによると、須賀を当初は気象IT研究者か秘密結社の一員として描きたかったそうだ。しかしスタッフの意見は否定的で結果として、なんか冴えない場末の編集プロダクション経営という設定に。
これが、この作品の「つまらなさ」に繋がっている。
IT研究者や秘密結社員であれば、そこからヒロインの天空の人柱たる存在を謎解きしていくSF的面白さに展開していくのだが、場末の編集者ではどうしようもない。
須賀圭介はただ利己心で動いているだけの輩。ろくでもないプライベートに翻弄され場末の新宿で彷徨しているだけ。
ひたすら安っぽさだけが目立って共感すべきところが一切ない。
そう、この人物に限らず『天気の子』には共感出来る登場人物が誰もいないのである。
リア充のくせに貧乏不幸自慢だけは鼻につくという、最も耐え難い連中ばかりなのだ。
この辺りは細田守監督『ミライの未来』と共通の不協和音が覗える。
『ミライの未来』はハイソリア充が耐え難かったが、『天気の子』は貧乏不幸自慢リア従に我慢ならないのである。
そういう空気感が全編漂っているので、雨が降り続く謎とかは正直どうでもよくなり、頭にも入ってこない。
あと前作『君の名は。』の主人公二人もちょっと登場もするのだが、ストーリー上の必然性もまったくなく、意味不明。
ただファンサービスのみで出したという感じ。
ということで、自分にとっては殆ど没頭するシーンもなく、淡々と時間が流れただけ。
新海誠作品の中ではワーストの部類に入る出来かもしれぬ。
兎に角、場面が場末の新宿歌舞伎町界隈が中心だから「聖地巡礼」したい気持ちも湧かない。
下手にうろついたらチンピラに絡まれそうだ。
ぜいぜい歩けるのはJR田端駅山手線沿線沿い位か。
あと六本木ヒルズ屋上に、高円寺気象神社・・。
この辺りは既に随分前に訪れている。

ということで、自分にとって『天気の子』は、いつも妄想力をチャージしてくれる新海作品とはかけ離れた「退屈」で「辟易」とした物語であった。
こういう設定が好みという人も居るだろうから一概には言えぬが、『君の名は。』に比べ、全体的に暗く、不幸感が漂っているのは確か。小さい子供が観てもあまり面白がらないだろう。カップルで観ても後味悪いし、SFテイストが少ないからヲタク系男子にも受けないと思われる。
共感は殆ど抱けなかった。グッズも結局何も買わなかった。
今回、この『天気の子』が果たして『君の名は。』同様にヒットするかは解らない。
関西の事件直後とあって何となく嫌な空気が漂っているのも確か。一抹の不安も感じる。
ただ、名声を得た新海誠監督作品。
世情や内容の暗さに翻弄されることはなかろう。
いずれにしろ、映画館に足を運び、自分の目で確かめることが一番だろう。
クオリティーは高いので観て損をすることはない。あとは好みの問題。

以上、『天気の子』感想終わり。

関西地方の忌まわしき「事件」

報道
07 /18 2019
相変わらず梅雨空続く東京。
コミケ新刊オリジナル新作原稿執筆も続く。締め切りまで2週間ちょっと。
此処からが正念場。

夕方、テレビをつけると、なにやら只ならぬニュースが流れている。
関西にある著名なアニメーションスタジオが「放火」され、尋常ならざる犠牲者が出ているとか。
現時点ではまだ「事件」発生から半日も経過しておらず、詳細は知らない。
報道やネットで流れてくる情報も断片的で、どれが事実かも定かでない。
妙に抑制的報道になっていることも気になるが。
しかし、この事象の原因が何であれ、日本のコンテンツ産業の中核に位置する「現場」が完全に破壊されたという事実に驚愕する。
あの「作品」を送り出したスタジオが灰燼に帰すとは俄かには信じがたい。
恰もミッドウェー海戦で虎の子の日本帝国海軍空母機動部隊の中核が撃沈されたのごとくの衝撃。
なぜ、このタイミングで、この場所なのか?
現時点での情報に基づく「憶測」によれば、「放火容疑者」は40代男性。
このスタジオの従業員でも、元従業員でもないらしい。
「容疑者」が叫んでいた内容から推測するに、このスタジオで製作された作品を観た結果、何らかの妄想に駆られた挙句、ガソリンをまいて火をつけたと考えられなくもない。
これまでもアニメ、コミック界隈のイベント等でそういった「放火騒ぎ」というのは存在した。
コミケットでも確か開場前にペットボトルに可燃物を仕掛けた輩が捕まったという事件の記憶がある。
個人レベルを含めればこのような妄想狂気沙汰は枚挙に暇がないと聞く。
だから、今回の事件もその類なのかもしれない。

だが、ここまで大規模で、尚且つ国政選挙中で、更に新海誠監督作品新作封切前日というタイミングがなんとも引っかかる。
へたをすると犠牲者は放火事件史上最悪になるかもしれない。
これだけの優秀な人材を一挙に失う事は、日本アニメーション製作現場においても大損失だし、日本のコンテンツ産業からしても打撃は大きい。
果たして「個人レベル」でここまで犠牲者を生じる「放火」が可能なのだろうか?
憶測の域は出ないが、この「放火容疑者」は単なる鉄砲玉で、日本の基幹産業になりうるコンテンツの現場に打撃を与えたい内外勢力のテロ攻撃の可能性も捨てきれない。
「容疑者」が現場で叫んでいた内容はそれを偽装するために仕組まれたのかも知れぬ。
まだ事実確認されていないようだが、「容疑者」には刺青があったという。
アニメに妄想を抱くほどの内向的男性が刺青を入れる可能性は極めて低い。
今後、どのような「事実」が解明されていくかは解らない。
結局、真相は闇に葬られる可能性も否定できない。
いずれにしろ、今回の「放火」事件は、かつての連続幼女誘拐殺人、秋葉原無差別殺人に次ぐ日本コンテンツ分野に対してのネガティブな重大事件として記憶に残っていくことは想像に難くない。
この産業に少なからず生業として関わっている者としては、この「事件」を利用して「攻撃」してくる敵対勢力に対し、常に警戒と反撃能力を保持しておかねばならないだろう。

今回の「禍」に際して犠牲となったクリエーター諸氏に謹んでお悔やみ申し上げる。

あびゅうきょ

漫画家あびゅうきょ
職業/漫画家
ペンネーム/あびゅうきょ
生年月日/19××年12月25日
血液型/O
星座/やぎ座
出身地/東京都
帝京大学法学部卒
徳間書店刊「リュウ」1982年5月号『火山観測所』でデビュー
著書/
大和書房刊『彼女たちのカンプクルッペ』(1987)
講談社刊『快晴旅団』(1989)
日本出版社刊『ジェットストリームミッション』(1995)
幻冬舎刊『晴れた日に絶望が見える』(2003)
幻冬舎刊『あなたの遺産』(2004)
幻冬舎刊『絶望期の終り』(2005)

公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/abyu/abe/